万葉集3300番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3300番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3300番について

歌番号

3300番

原文

忍照|難波乃埼尓|引登|赤曽朋舟|曽朋舟尓|綱取繋|引豆良比|有雙雖為|日豆良賓|有雙雖為|有雙不得叙|所言西我身

訓読

おしてる|難波の崎に|引き泝る|赤のそほ舟|そほ舟に|網取り懸け|引こづらひ|ありなみすれど|言ひづらひ|ありなみすれど|ありなみえずぞ|言はえにし我が身

かな読み

おしてる|なにはのさきに|ひきのぼる|あけのそほぶね|そほぶねに|あみとりかけ|ひこづらひ|ありなみすれど|いひづらひ|ありなみすれど|ありなみえずぞ|いはえにしあがみ

カタカナ読み

オシテル|ナニハノサキニ|ヒキノボル|アケノソホブネ|ソホブネニ|アミトリカケ|ヒコヅラヒ|アリナミスレド|イヒヅラヒ|アリナミスレド|アリナミエズゾ|イハエニシアガミ

ローマ字読み|大文字

OSHITERU|NANIHANOSAKINI|HIKINOBORU|AKENOSOHOBUNE|SOHOBUNENI|AMITORIKAKE|HIKOZURAHI|ARINAMISUREDO|IHIZURAHI|ARINAMISUREDO|ARINAMIEZUZO|IHAENISHIAGAMI

ローマ字読み|小文字

oshiteru|nanihanosakini|hikinoboru|akenosohobune|sohobuneni|amitorikake|hikozurahi|arinamisuredo|ihizurahi|arinamisuredo|arinamiezuzo|ihaenishiagami

左注|左註

右一首

事項|分類・ジャンル

相聞|枕詞|地名|大阪|尫柜蹋|女歌|民謡

校異

特に無し

寛永版本

おしてる,[寛]おしてるや,
なにはのさきに[寛],
ひきのぼる,[寛]ひきのほる,
あけのそほぶね,[寛]あけのそほふね,
そほぶねに,[寛]そほふねに,
あみとりかけ,[寛]つなとりかけ,
ひこづらひ,[寛]ひきつらひ,
ありなみすれど,[寛]ありなみすれと,
いひづらひ,[寛]いひつらひ,
ありなみすれど,[寛]ありなみすれと,
ありなみえずぞ,[寛]ありなみえすそ,
いはえにしあがみ,[寛]いはれにしわかみ,

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました