万葉集3320番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3320番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3320番について

歌番号

3320番

原文

直不徃|此従巨勢道柄|石瀬踏|求曽吾来|戀而為便奈見

訓読

直に行かずこゆ巨勢道から石瀬踏み求めぞ我が来し恋ひてすべなみ

かな読み

ただにゆかず|こゆこせぢから|いはせふみ|もとめぞわがこし|こひてすべなみ

カタカナ読み

タダニユカズ|コユコセヂカラ|イハセフミ|モトメゾワガコシ|コヒテスベナミ

ローマ字読み|大文字

TADANIYUKAZU|KOYUKOSEJIKARA|IHASEFUMI|MOTOMEZOWAGAKOSHI|KOHITESUBENAMI

ローマ字読み|小文字

tadaniyukazu|koyukosejikara|ihasefumi|motomezowagakoshi|kohitesubenami

左注|左註

右五首

事項|分類・ジャンル

問答|地名|奈良|御所市|恋情|女歌

校異

特に無し

寛永版本

ただにゆかず,[寛]たたにこぬ,
こゆこせぢから,[寛]このこせちから,
いはせふみ[寛],
もとめぞわがこし,[寛]とめそわかける,
こひてすべなみ,[寛]こひてすへなみ,

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました