万葉集3276番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3276番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3276番について

歌番号

3276番

原文

百不足|山田道乎|浪雲乃|愛妻跡|不語|別之来者|速川之|徃<文>不知|衣袂笶|反裳不知|馬自物|立而爪衝|為須部乃|田付乎白粉|物部乃|八十乃心S|天地二|念足橋|玉相者|君来益八跡|吾嗟|八尺之嗟|玉<桙>乃|道来人乃|立留|何常問者|答遣|田付乎不知|散釣相|君名日者|色出|人<可>知|足日木能|山従出|月待跡|人者云而|君待吾乎

訓読

百足らず|山田の道を|波雲の|愛し妻と|語らはず|別れし来れば|早川の|行きも知らず|衣手の|帰りも知らず|馬じもの|立ちてつまづき|為むすべの|たづきを知らに|もののふの|八十の心を|天地に|思ひ足らはし|魂合はば|君来ますやと|我が嘆く|八尺の嘆き|玉桙の|道来る人の|立ち留まり|いかにと問はば|答へ遣る|たづきを知らに|さ丹つらふ|君が名言はば|色に出でて|人知りぬべみ|あしひきの|山より出づる|月待つと|人には言ひて|君待つ我れを

かな読み

ももたらず|やまたのみちを|なみくもの|うつくしづまと|かたらはず|わかれしくれば|はやかはの|ゆきもしらず|ころもでの|かへりもしらず|うまじもの|たちてつまづき|せむすべの|たづきをしらに|もののふの|やそのこころを|あめつちに|おもひたらはし|たまあはば|きみきますやと|わがなげく|やさかのなげき|たまほこの|みちくるひとの|たちとまり|いかにととはば|こたへやる|たづきをしらに|さにつらふ|きみがないはば|いろにいでて|ひとしりぬべみ|あしひきの|やまよりいづる|つきまつと|ひとにはいひて|きみまつわれを

カタカナ読み

モモタラズ|ヤマタノミチヲ|ナミクモノ|ウツクシヅマト|カタラハズ|ワカレシクレバ|ハヤカハノ|ユキモシラズ|コロモデノ|カヘリモシラズ|ウマジモノ|タチテツマヅキ|セムスベノ|タヅキヲシラニ|モノノフノ|ヤソノココロヲ|アメツチニ|オモヒタラハシ|タマアハバ|キミキマスヤト|ワガナゲク|ヤサカノナゲキ|タマホコノ|ミチクルヒトノ|タチトマリ|イカニトトハバ|コタヘヤル|タヅキヲシラニ|サニツラフ|キミガナイハバ|イロニイデテ|ヒトシリヌベミ|アシヒキノ|ヤマヨリイヅル|ツキマツト|ヒトニハイヒテ|キミマツワレヲ

ローマ字読み|大文字

MOMOTARAZU|YAMATANOMICHIO|NAMIKUMONO|UTSUKUSHIZUMATO|KATARAHAZU|WAKARESHIKUREBA|HAYAKAHANO|YUKIMOSHIRAZU|KOROMODENO|KAHERIMOSHIRAZU|UMAJIMONO|TACHITETSUMAZUKI|SEMUSUBENO|TAZUKIOSHIRANI|MONONOFUNO|YASONOKOKORO|AMETSUCHINI|OMOHITARAHASHI|TAMAAHABA|KIMIKIMASUYATO|WAGANAGEKU|YASAKANONAGEKI|TAMAHOKONO|MICHIKURUHITONO|TACHITOMARI|IKANITOTOHABA|KOTAHEYARU|TAZUKIOSHIRANI|SANITSURAFU|KIMIGANAIHABA|IRONIIDETE|HITOSHIRINUBEMI|ASHIHIKINO|YAMAYORIIZURU|TSUKIMATSUTO|HITONIHAIHITE|KIMIMATSUWAREO

ローマ字読み|小文字

momotarazu|yamatanomichio|namikumono|utsukushizumato|katarahazu|wakareshikureba|hayakahano|yukimoshirazu|koromodeno|kaherimoshirazu|umajimono|tachitetsumazuki|semusubeno|tazukioshirani|mononofuno|yasonokokoro|ametsuchini|omohitarahashi|tamaahaba|kimikimasuyato|waganageku|yasakanonageki|tamahokono|michikuruhitono|tachitomari|ikanitotohaba|kotaheyaru|tazukioshirani|sanitsurafu|kimiganaihaba|ironiidete|hitoshirinubemi|ashihikino|yamayoriizuru|tsukimatsuto|hitonihaihite|kimimatsuwareo

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

相聞|問答|枕詞|地名|桜井|奈良|女歌|歌劇

校異

父->文【西(訂正)】【元】【天】【類】|杵->桙【天】【類】【温】|不->可【類】【紀】【温】

寛永版本

ももたらず,[寛]ももたらす,
やまたのみちを[寛],
なみくもの[寛],
うつくしづまと,[寛]うつくしつまと,
かたらはず,[寛]かたらはて,
わかれしくれば,[寛]わかれしくれは,
はやかはの[寛],
ゆきもしらず,[寛]ゆくへもしらす,
ころもでの,[寛]ころもての,
かへりもしらず,[寛]かへるもしらす,
うまじもの,[寛]うましもの,
たちてつまづき,[寛]たちてつまつき,
せむすべの,[寛]せむすへの,
たづきをしらに,[寛]たつきをしらに,
もののふの[寛],
やそのこころを[寛],
あめつちに[寛],
おもひたらはし[寛],
たまあはば,[寛]たまあはは,
きみきますやと[寛],
わがなげく,[寛]わかなけく,
やさかのなげき,[寛]やさかのなけき,
たまほこの[寛],
みちくるひとの[寛],
たちとまり[寛],
いかにととはば,[寛]いかにととへは,
こたへやる[寛],
たづきをしらに,[寛]たつきをしらに,
さにつらふ[寛],
きみがないはば,[寛]きみかないはは,
いろにいでて,[寛]いろにいてて,
ひとしりぬべみ,[寛]ひとしりぬへみ,
あしひきの[寛],
やまよりいづる,[寛]やまよりいつる,
つきまつと[寛],
ひとにはいひて[寛],
きみまつわれを[寛],

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました