万葉集3313番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3313番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3313番について

歌番号

3313番

原文

川瀬之|石迹渡|野干玉之|黒馬之来夜者|常二有沼鴨

訓読

川の瀬の石踏み渡りぬばたまの黒馬来る夜は常にあらぬかも

かな読み

かはのせの|いしふみわたり|ぬばたまの|くろまくるよは|つねにあらぬかも

カタカナ読み

カハノセノ|イシフミワタリ|ヌバタマノ|クロマクルヨハ|ツネニアラヌカモ

ローマ字読み|大文字

KAHANOSENO|ISHIFUMIWATARI|NUBATAMANO|KUROMAKURUYOHA|TSUNENIARANUKAMO

ローマ字読み|小文字

kahanoseno|ishifumiwatari|nubatamano|kuromakuruyoha|tsuneniaranukamo

左注|左註

右四首

事項|分類・ジャンル

問答|枕詞|動物|恋情|妻問媿

校異

特に無し

寛永版本

かはのせの[寛],
いしふみわたり,[寛]いはとわたりて,
ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,
くろまくるよは,[寛]こまのくるよは,
つねにあらぬかも[寛],

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました