万葉集3278番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3278番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3278番について

歌番号

3278番

原文

赤駒|厩立|黒駒|厩立而|彼乎飼|吾徃如|思妻|心乗而|高山|峯之手折丹|射目立|十六待如|床敷而|吾待君|犬莫吠行<年>

訓読

赤駒を|馬屋に立て|黒駒を|馬屋に立てて|そを飼ひ|我が行くがごと|思ひ妻|心に乗りて|高山の|嶺のたをりに|射目立てて|鹿猪待つがごと|床敷きて|我が待つ君を|犬な吠えそね

かな読み

あかごまを|うまやにたて|くろこまを|うまやにたてて|そをかひ|わがゆくがごと|おもひづま|こころにのりて|たかやまの|みねのたをりに|いめたてて|ししまつがごと|とこしきて|わがまつきみを|いぬなほえそね

カタカナ読み

アカゴマヲ|ウマヤニタテ|クロコマヲ|ウマヤニタテテ|ソヲカヒ|ワガユクガゴト|オモヒヅマ|ココロニノリテ|タカヤマノ|ミネノタヲリニ|イメタテテ|シシマツガゴト|トコシキテ|ワガマツキミヲ|イヌナホエソネ

ローマ字読み|大文字

AKAGOMAO|UMAYANITATE|KUROKOMAO|UMAYANITATETE|SOKAHI|WAGAYUKUGAGOTO|OMOHIZUMA|KOKORONINORITE|TAKAYAMANO|MINENOTAORINI|IMETATETE|SHISHIMATSUGAGOTO|TOKOSHIKITE|WAGAMATSUKIMIO|INUNAHOESONE

ローマ字読み|小文字

akagomao|umayanitate|kurokomao|umayanitatete|sokahi|wagayukugagoto|omohizuma|kokoroninorite|takayamano|minenotaorini|imetatete|shishimatsugagoto|tokoshikite|wagamatsukimio|inunahoesone

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

相聞|動物|問答|歌劇|女歌

校異

君【元】【天】【類】(塙)(楓)公|羊->年【元】【天】【類】

寛永版本

あかごまを,[寛]あかこまの,
うまやにたて,[寛]うまやをたて,
くろこまを,[寛]くろこまの,
うまやにたてて,[寛]うまやをたてて,
そをかひ,[寛]かれをかひ,
わがゆくがごと,[寛]わかゆくかこと,
おもひづま,[寛]おもひつま,
こころにのりて[寛],
たかやまの[寛],
みねのたをりに[寛],
いめたてて[寛],
ししまつがごと,[寛]ししまつかこと,
とこしきて[寛],
わがまつきみを,[寛]わかまつきみを,
いぬなほえそね,[寛]いぬなほえこそ,

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました