万葉集3230番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3230番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3230番について

歌番号

3230番

原文

帛S|楢従出而|水蓼|穂積至|鳥網張|坂手乎過|石走|甘南備山丹|朝宮|仕奉而|吉野部登|入座見者|古所念

訓読

みてぐらを|奈良より出でて|水蓼|穂積に至り|鳥網張る|坂手を過ぎ|石走る|神なび山に|朝宮に|仕へ奉りて|吉野へと|入ります見れば|いにしへ思ほゆ

かな読み

みてぐらを|ならよりいでて|みづたで|ほづみにいたり|となみはる|さかてをすぎ|いはばしる|かむなびやまに|あさみやに|つかへまつりて|よしのへと|いりますみれば|いにしへおもほゆ

カタカナ読み

ミテグラヲ|ナラヨリイデテ|ミヅタデ|ホヅミニイタリ|トナミハル|サカテヲスギ|イハバシル|カムナビヤマニ|アサミヤニ|ツカヘマツリテ|ヨシノヘト|イリマスミレバ|イニシヘオモホユ

ローマ字読み|大文字

MITEGURAO|NARAYORIIDETE|MIZUTADE|HOZUMINIITARI|TONAMIHARU|SAKATEOSUGI|IHABASHIRU|KAMUNABIYAMANI|ASAMIYANI|TSUKAHEMATSURITE|YOSHINOHETO|IRIMASUMIREBA|INISHIHEOMOHOYU

ローマ字読み|小文字

mitegurao|narayoriidete|mizutade|hozuminiitari|tonamiharu|sakateosugi|ihabashiru|kamunabiyamani|asamiyani|tsukahematsurite|yoshinoheto|irimasumireba|inishiheomohoyu

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

雑歌|道行翮|行幸|地名|明日香|吉野|奈良|聖武天皇

校異

特に無し

寛永版本

みてぐらを,[寛]みてくらを,
ならよりいでて,[寛]ならよりいてて,
みづたで,[寛]みつたての,
ほづみにいたり,[寛]ほつみにいたり,
となみはる,[寛]とあみはる,
さかてをすぎ,[寛]さかとをすきて,
いはばしる,[寛]いははしる,
かむなびやまに,[寛]かみなひやまに,
あさみやに[寛],
つかへまつりて[寛],
よしのへと[寛],
いりますみれば,[寛]いりますみれは,
いにしへおもほゆ,[寛]むかしおもほゆ,

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました