万葉集3267番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3267番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3267番について

歌番号

3267番

原文

明日香河|瀬湍之珠藻之|打靡|情者妹尓|<因>来鴨

訓読

明日香川瀬々の玉藻のうち靡き心は妹に寄りにけるかも

かな読み

あすかがは|せぜのたまもの|うちなびき|こころはいもに|よりにけるかも

カタカナ読み

アスカガハ|セゼノタマモノ|ウチナビキ|ココロハイモニ|ヨリニケルカモ

ローマ字読み|大文字

ASUKAGAHA|SEZENOTAMAMONO|UCHINABIKI|KOKOROHAIMONI|YORINIKERUKAMO

ローマ字読み|小文字

asukagaha|sezenotamamono|uchinabiki|kokorohaimoni|yorinikerukamo

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

相聞|地名|明日香|奈良|恋情|序詞

校異

自->因【天】【類】【紀】

寛永版本

あすかがは,[寛]あすかかは,
せぜのたまもの,[寛]せせのたまもの,
うちなびき,[寛]うちなひき,
こころはいもに[寛],
よりにけるかも[寛],

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました