万葉集3261番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3261番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3261番について

歌番号

3261番

原文

思遣|為便乃田付毛|今者無|於君不相而|<年>之歴去者

訓読

思ひ遣るすべのたづきも今はなし君に逢はずて年の経ぬれば

かな読み

おもひやる|すべのたづきも|いまはなし|きみにあはずて|としのへぬれば

カタカナ読み

オモヒヤル|スベノタヅキモ|イマハナシ|キミニアハズテ|トシノヘヌレバ

ローマ字読み|大文字

OMOHIYARU|SUBENOTAZUKIMO|IMAHANASHI|KIMINIAHAZUTE|TOSHINOHENUREBA

ローマ字読み|小文字

omohiyaru|subenotazukimo|imahanashi|kiminiahazute|toshinohenureba

左注|左註

今案|此反歌謂之於君不相者於理不合也|宣言於妹不相也|右三首

事項|分類・ジャンル

相聞|恋情|女歌

校異

羊->年【西(訂正)】【元】【天】【紀】

寛永版本

おもひやる[寛],
すべのたづきも,[寛]すへのたつきも,
いまはなし[寛],
きみにあはずて,[寛]きみにあはすて,
としのへぬれば,[寛]としのへぬれは,

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました