万葉集3315番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3315番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3315番について

歌番号

3315番

原文

泉<川>|渡瀬深見|吾世古我|旅行衣|蒙沾鴨

訓読

泉川渡り瀬深み我が背子が旅行き衣ひづちなむかも

かな読み

いづみがは|わたりぜふかみ|わがせこが|たびゆきごろも|ひづちなむかも

カタカナ読み

イヅミガハ|ワタリゼフカミ|ワガセコガ|タビユキゴロモ|ヒヅチナムカモ

ローマ字読み|大文字

IZUMIGAHA|WATARIZEFUKAMI|WAGASEKOGA|TABIYUKIGOROMO|HIZUCHINAMUKAMO

ローマ字読み|小文字

izumigaha|watarizefukami|wagasekoga|tabiyukigoromo|hizuchinamukamo

左注|左註

右四首

事項|分類・ジャンル

問答|地名|京都|木津川|女歌|恋愛

校異

河->川【元】【天】【類】

寛永版本

いづみがは,[寛]いつみかは,
わたりぜふかみ,[寛]わたるせふかみ,
わがせこが,[寛]わかせこか,
たびゆきごろも,[寛]たひゆくころも,
ひづちなむかも,[寛]*****かも,

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました