万葉集3296番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3296番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3296番について

歌番号

3296番

原文

父母尓|不令知子故|三宅道乃|夏野草乎|菜積来鴨

訓読

父母に知らせぬ子ゆゑ三宅道の夏野の草をなづみ来るかも

かな読み

ちちははに|しらせぬこゆゑ|みやけぢの|なつののくさを|なづみけるかも

カタカナ読み

チチハハニ|シラセヌコユヱ|ミヤケヂノ|ナツノノクサヲ|ナヅミケルカモ

ローマ字読み|大文字

CHICHIHAHANI|SHIRASENUKOYUE|MIYAKEJINO|NATSUNONOKUSAO|NAZUMIKERUKAMO

ローマ字読み|小文字

chichihahani|shirasenukoyue|miyakejino|natsunonokusao|nazumikerukamo

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

相聞|歌垣|民謡|地名|奈良|田原本|難渋|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

ちちははに[寛],
しらせぬこゆゑ,[寛]しらせぬこゆへ,
みやけぢの,[寛]みやけちの,
なつののくさを[寛],
なづみけるかも,[寛]なつみくるかも,

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました