万葉集3347番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3347番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3347番について

歌番号

3347番

原文

草枕|此羈之氣尓|妻<放>|家道思|生為便無

訓読

草枕この旅の日に妻離り家道思ふに生けるすべなし

かな読み

くさまくら|このたびのけに|つまさかり|いへぢおもふに|いけるすべなし

カタカナ読み

クサマクラ|コノタビノケニ|ツマサカリ|イヘヂオモフニ|イケルスベナシ

ローマ字読み|大文字

KUSAMAKURA|KONOTABINOKENI|TSUMASAKARI|IHEJIOMOFUNI|IKERUSUBENASHI

ローマ字読み|小文字

kusamakura|konotabinokeni|tsumasakari|ihejiomofuni|ikerusubenashi

左注|左註

或本歌曰|羈之氣二為而|右二首

事項|分類・ジャンル

挽歌|枕詞|亡妻歌|羈旅|行旅死

校異

敬->放【元】【天】【類】

寛永版本

くさまくら[寛],
このたびのけに,[寛]このたひのけに,
つまさかり[寛],
いへぢおもふに,[寛]いへちおもへは,
いけるすべなし,[寛]いけるすへなし,

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました