万葉集3292番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3292番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3292番について

歌番号

3292番

原文

打蝉之|命乎長|有社等|留吾者|五十羽旱将待

訓読

うつせみの命を長くありこそと留まれる我れは斎ひて待たむ

かな読み

うつせみの|いのちをながく|ありこそと|とまれるわれは|いはひてまたむ

カタカナ読み

ウツセミノ|イノチヲナガク|アリコソト|トマレルワレハ|イハヒテマタム

ローマ字読み|大文字

UTSUSEMINO|INOCHIONAGAKU|ARIKOSOTO|TOMARERUWAREHA|IHAHITEMATAMU

ローマ字読み|小文字

utsusemino|inochionagaku|arikosoto|tomareruwareha|ihahitematamu

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

相聞|女歌|送別

校異

特に無し

寛永版本

うつせみの[寛],
いのちをながく,[寛]いのちをなかく,
ありこそと,[寛]あれこそと,
とまれるわれは,[寛]ととまるわれは,
いはひてまたむ[寛],

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました