万葉集3322番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3322番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3322番について

歌番号

3322番

原文

門座|郎子内尓|雖至|痛之戀者|今還金

訓読

門に居る我が背は宇智に至るともいたくし恋ひば今帰り来む

かな読み

かどにゐる|わがせはうちに|いたるとも|いたくしこひば|いまかへりこむ

カタカナ読み

カドニヰル|ワガセハウチニ|イタルトモ|イタクシコヒバ|イマカヘリコム

ローマ字読み|大文字

KADONIIRU|WAGASEHAUCHINI|ITARUTOMO|ITAKUSHIKOHIBA|IMAKAHERIKOMU

ローマ字読み|小文字

kadoniiru|wagasehauchini|itarutomo|itakushikohiba|imakaherikomu

左注|左註

右五首

事項|分類・ジャンル

問答|地名|奈良県|五条市|占媿

校異

特に無し

寛永版本

かどにゐる,[寛]かとにをる,
わがせはうちに,[寛]をとめはうちに,
いたるとも[寛],
いたくしこひば,[寛]いたくしこひは,
いまかへりこむ[寛],

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました