万葉集3274番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3274番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3274番について

歌番号

3274番

原文

為須部乃|田付S不知|石根乃|興凝敷道乎|石床笶|根延門S|朝庭|出居而嘆|夕庭|入居而思|白桍乃|吾衣袖S|折反|獨之寐者|野干玉|黒髪布而|人寐|味眠不睡而|大舟乃|徃良行羅二|思乍|吾睡夜等呼|<讀文>将敢鴨

訓読

為むすべの|たづきを知らに|岩が根の|こごしき道を|岩床の|根延へる門を|朝には|出で居て嘆き|夕には|入り居て偲ひ|白栲の|我が衣手を|折り返し|ひとりし寝れば|ぬばたまの|黒髪敷きて|人の寝る|味寐は寝ずて|大船の|ゆくらゆくらに|思ひつつ|我が寝る夜らを|数みもあへむかも

かな読み

せむすべの|たづきをしらに|いはがねの|こごしきみちを|いはとこの|ねばへるかどを|あしたには|いでゐてなげき|ゆふへには|いりゐてしのひ|しろたへの|わがころもでを|をりかへし|ひとりしぬれば|ぬばたまの|くろかみしきて|ひとのぬる|うまいはねずて|おほぶねの|ゆくらゆくらに|おもひつつ|わがぬるよらを|よみもあへむかも

カタカナ読み

セムスベノ|タヅキヲシラニ|イハガネノ|コゴシキミチヲ|イハトコノ|ネバヘルカドヲ|アシタニハ|イデヰテナゲキ|ユフヘニハ|イリヰテシノヒ|シロタヘノ|ワガコロモデヲ|ヲリカヘシ|ヒトリシヌレバ|ヌバタマノ|クロカミシキテ|ヒトノヌル|ウマイハネズテ|オホブネノ|ユクラユクラニ|オモヒツツ|ワガヌルヨラヲ|ヨミモアヘムカモ

ローマ字読み|大文字

SEMUSUBENO|TAZUKIOSHIRANI|IHAGANENO|KOGOSHIKIMICHIO|IHATOKONO|NEBAHERUKADO|ASHITANIHA|IDEITENAGEKI|YUFUHENIHA|IRIITESHINOHI|SHIROTAHENO|WAGAKOROMODEO|ORIKAHESHI|HITORISHINUREBA|NUBATAMANO|KUROKAMISHIKITE|HITONONURU|UMAIHANEZUTE|OHOBUNENO|YUKURAYUKURANI|OMOHITSUTSU|WAGANURUYORAO|YOMIMOAHEMUKAMO

ローマ字読み|小文字

semusubeno|tazukioshirani|ihaganeno|kogoshikimichio|ihatokono|nebaherukado|ashitaniha|ideitenageki|yufuheniha|iriiteshinohi|shirotaheno|wagakoromodeo|orikaheshi|hitorishinureba|nubatamano|kurokamishikite|hitononuru|umaihanezute|ohobuneno|yukurayukurani|omohitsutsu|waganuruyorao|yomimoahemukamo

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

相聞|女歌|恋情|孤独|枕詞

校異

續父->讀文【元】【類】

寛永版本

せむすべの,[寛]せむすへの,
たづきをしらに,[寛]たつきをしらに,
いはがねの,[寛]いはかねの,
こごしきみちを,[寛]ここしきみちを,
いはとこの[寛],
ねばへるかどを,[寛]ねはへるかとを,
あしたには,[寛]あさにはに,
いでゐてなげき,[寛]いてさてなけき,
ゆふへには,[寛]ゆふにはに,
いりゐてしのひ,[寛]いりゐておもひ,
しろたへの[寛],
わがころもでを,[寛]わかころもてを,
をりかへし[寛],
ひとりしぬれば,[寛]ひとりしぬれは,
ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,
くろかみしきて[寛],
ひとのぬる[寛],
うまいはねずて,[寛]うまいはねすて,
おほぶねの,[寛]おほふねの,
ゆくらゆくらに[寛],
おもひつつ[寛],
わがぬるよらを,[寛]わかぬるよらを,
よみもあへむかも,[寛]つきもあへむかも,

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました