万葉集3342番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3342番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3342番について

歌番号

3342番

原文

<汭>潭|偃為<公>矣|今日々々跡|将来跡将待|妻之可奈思母

訓読

浦ぶちにこやせる君を今日今日と来むと待つらむ妻し悲しも

かな読み

うらぶちに|こやせるきみを|けふけふと|こむとまつらむ|つましかなしも

カタカナ読み

ウラブチニ|コヤセルキミヲ|ケフケフト|コムトマツラム|ツマシカナシモ

ローマ字読み|大文字

URABUCHINI|KOYASERUKIMIO|KEFUKEFUTO|KOMUTOMATSURAMU|TSUMASHIKANASHIMO

ローマ字読み|小文字

urabuchini|koyaserukimio|kefukefuto|komutomatsuramu|tsumashikanashimo

左注|左註

右九首

事項|分類・ジャンル

挽歌|行路死人|鎮魂|或本歌|異伝|羈旅|調使首

校異

納->汭【元】【紀】|君->公【元】【天】【類】

寛永版本

うらぶちに,[寛]いるふちに,
こやせるきみを,[寛]ふしたるきみを,
けふけふと[寛],
こむとまつらむ[寛],
つましかなしも,[寛]つまのかなしも,

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました