万葉集3341番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3341番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3341番について

歌番号

3341番

原文

家人乃|将待物矣|津煎裳無|荒礒矣巻而|偃有<公>鴨

訓読

家人の待つらむものをつれもなき荒礒を巻きて寝せる君かも

かな読み

いへびとの|まつらむものを|つれもなき|ありそをまきて|なせるきみかも

カタカナ読み

イヘビトノ|マツラムモノヲ|ツレモナキ|アリソヲマキテ|ナセルキミカモ

ローマ字読み|大文字

IHEBITONO|MATSURAMUMONO|TSUREMONAKI|ARISOMAKITE|NASERUKIMIKAMO

ローマ字読み|小文字

ihebitono|matsuramumono|tsuremonaki|arisomakite|naserukimikamo

左注|左註

右九首

事項|分類・ジャンル

挽歌|行路死人|鎮魂|或本歌|異伝|羈旅|調使首

校異

君->公【元】【天】【類】

寛永版本

いへびとの,[寛]いへひとの,
まつらむものを[寛],
つれもなき,[寛]つにもなく,
ありそをまきて,[寛]あらいそをまきて,
なせるきみかも,[寛]ふせるきみかも,

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました