万葉集3256番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3256番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3256番について

歌番号

3256番

原文

數々丹|不思人叵|雖有|蹔<文>吾者|忘枝沼鴨

訓読

しくしくに思はず人はあるらめどしましくも我は忘らえぬかも

かな読み

しくしくに|おもはずひとは|あるらめど|しましくもわは|わすらえぬかも

カタカナ読み

シクシクニ|オモハズヒトハ|アルラメド|シマシクモワハ|ワスラエヌカモ

ローマ字読み|大文字

SHIKUSHIKUNI|OMOHAZUHITOHA|ARURAMEDO|SHIMASHIKUMOWAHA|WASURAENUKAMO

ローマ字読み|小文字

shikushikuni|omohazuhitoha|aruramedo|shimashikumowaha|wasuraenukamo

左注|左註

右三首

事項|分類・ジャンル

相聞|恋情|片思媿

校異

父->文【元】【天】【紀】

寛永版本

しくしくに,[寛]かすかすに,
おもはずひとは,[寛]おもはぬひとは,
あるらめど,[寛]ありといへと,
しましくもわは,[寛]しはしもわれは,
わすらえぬかも,[寛]わすれえぬかも,

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました