万葉集3268番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3268番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3268番について

歌番号

3268番

原文

三諸之|神奈備山従|登能陰|雨者落来奴|雨霧相|風左倍吹奴|大口乃|真神之原従|思管|還尓之人|家尓到伎也

訓読

みもろの|神奈備山ゆ|との曇り|雨は降り来ぬ|天霧らひ|風さへ吹きぬ|大口の|真神の原ゆ|思ひつつ|帰りにし人|家に至りきや

かな読み

みもろの|かむなびやまゆ|とのぐもり|あめはふりきぬ|あまぎらひ|かぜさへふきぬ|おほくちの|まかみのはらゆ|おもひつつ|かへりにしひと|いへにいたりきや

カタカナ読み

ミモロノ|カムナビヤマユ|トノグモリ|アメハフリキヌ|アマギラヒ|カゼサヘフキヌ|オホクチノ|マカミノハラユ|オモヒツツ|カヘリニシヒト|イヘニイタリキヤ

ローマ字読み|大文字

MIMORONO|KAMUNABIYAMAYU|TONOGUMORI|AMEHAFURIKINU|AMAGIRAHI|KAZESAHEFUKINU|OHOKUCHINO|MAKAMINOHARAYU|OMOHITSUTSU|KAHERINISHIHITO|IHENIITARIKIYA

ローマ字読み|小文字

mimorono|kamunabiyamayu|tonogumori|amehafurikinu|amagirahi|kazesahefukinu|ohokuchino|makaminoharayu|omohitsutsu|kaherinishihito|iheniitarikiya

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

相聞|地名|三輪|明日香|奈良|女歌

校異

特に無し

寛永版本

みもろの,[寛]みむろの,
かむなびやまゆ,[寛]かみなひやまに,
とのぐもり,[寛]とのくもり,
あめはふりきぬ[寛],
あまぎらひ,[寛]あまきりあひ,
かぜさへふきぬ,[寛]かせさへふきぬ,
おほくちの[寛],
まかみのはらゆ,[寛]まかみのはらに,
おもひつつ[寛],
かへりにしひと[寛],
いへにいたりきや[寛],

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました