万葉集3228番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3228番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3228番について

歌番号

3228番

原文

神名備能|三諸之山丹|隠蔵杉|思将過哉|蘿生左右

訓読

神なびの三諸の山に斎ふ杉思ひ過ぎめや苔生すまでに

かな読み

かむなびの|みもろのやまに|いはふすぎ|おもひすぎめや|こけむすまでに

カタカナ読み

カムナビノ|ミモロノヤマニ|イハフスギ|オモヒスギメヤ|コケムスマデニ

ローマ字読み|大文字

KAMUNABINO|MIMORONOYAMANI|IHAFUSUGI|OMOHISUGIMEYA|KOKEMUSUMADENI

ローマ字読み|小文字

kamunabino|mimoronoyamani|ihafusugi|omohisugimeya|kokemusumadeni

左注|左註

右三首|但或書此短歌一首無有載之也

事項|分類・ジャンル

雑歌|地名|明日香|奈良|寿歌|賀歌|新婚|永遠|婚礼

校異

特に無し

寛永版本

かむなびの,[寛]かみなひの,
みもろのやまに,[寛]みむろのやまに,
いはふすぎ,[寛]かくれたる,
おもひすぎめや,[寛]すきしすきむや,
こけむすまでに,[寛]こけのむすまて,

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました