万葉集3302番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3302番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3302番について

歌番号

3302番

原文

紀伊國之|室之江邊尓|千<年>尓|障事無|万世尓|如是将<在>登|大舟之|思恃而|出立之|清瀲尓|朝名寸二|来依深海松|夕難岐尓|来依縄法|深海松之|深目思子等遠|縄法之|引者絶登夜|散度人之|行之屯尓|鳴兒成|行取左具利|梓弓|弓腹振起|志乃岐羽矣|二手<狭>|離兼|人斯悔|戀思者

訓読

紀の国の|牟婁の江の辺に|千年に|障ることなく|万代に|かくしもあらむと|大船の|思ひ頼みて|出立の|清き渚に|朝なぎに|来寄る深海松|夕なぎに|来寄る縄海苔|深海松の|深めし子らを|縄海苔の|引けば絶ゆとや|里人の|行きの集ひに|泣く子なす|行き取り探り|梓弓|弓腹振り起し|しのぎ羽を|二つ手挟み|放ちけむ|人し悔しも|恋ふらく思へば

かな読み

きのくにの|むろのえのへに|ちとせに|さはることなく|よろづよに|かくしもあらむと|おほぶねの|おもひたのみて|いでたちの|きよきなぎさに|あさなぎに|きよるふかみる|ゆふなぎに|きよるなはのり|ふかみるの|ふかめしこらを|なはのりの|ひけばたゆとや|さとびとの|ゆきのつどひに|なくこなす|ゆきとりさぐり|あづさゆみ|ゆばらふりおこし|しのぎはを|ふたつたばさみ|はなちけむ|ひとしくやしも|こふらくおもへば

カタカナ読み

キノクニノ|ムロノエノヘニ|チトセニ|サハルコトナク|ヨロヅヨニ|カクシモアラムト|オホブネノ|オモヒタノミテ|イデタチノ|キヨキナギサニ|アサナギニ|キヨルフカミル|ユフナギニ|キヨルナハノリ|フカミルノ|フカメシコラヲ|ナハノリノ|ヒケバタユトヤ|サトビトノ|ユキノツドヒニ|ナクコナス|ユキトリサグリ|アヅサユミ|ユバラフリオコシ|シノギハヲ|フタツタバサミ|ハナチケム|ヒトシクヤシモ|コフラクオモヘバ

ローマ字読み|大文字

KINOKUNINO|MURONOENOHENI|CHITOSENI|SAHARUKOTONAKU|YOROZUYONI|KAKUSHIMOARAMUTO|OHOBUNENO|OMOHITANOMITE|IDETACHINO|KIYOKINAGISANI|ASANAGINI|KIYORUFUKAMIRU|YUFUNAGINI|KIYORUNAHANORI|FUKAMIRUNO|FUKAMESHIKORAO|NAHANORINO|HIKEBATAYUTOYA|SATOBITONO|YUKINOTSUDOHINI|NAKUKONASU|YUKITORISAGURI|AZUSAYUMI|YUBARAFURIOKOSHI|SHINOGIHAO|FUTATSUTABASAMI|HANACHIKEMU|HITOSHIKUYASHIMO|KOFURAKUOMOHEBA

ローマ字読み|小文字

kinokunino|muronoenoheni|chitoseni|saharukotonaku|yorozuyoni|kakushimoaramuto|ohobuneno|omohitanomite|idetachino|kiyokinagisani|asanagini|kiyorufukamiru|yufunagini|kiyorunahanori|fukamiruno|fukameshikorao|nahanorino|hikebatayutoya|satobitono|yukinotsudohini|nakukonasu|yukitorisaguri|azusayumi|yubarafuriokoshi|shinogihao|futatsutabasami|hanachikemu|hitoshikuyashimo|kofurakuomoheba

左注|左註

右一首

事項|分類・ジャンル

相聞|地名|和歌山|田辺|枕詞|植物|民謡|戯笑

校異

羊->年【元】【天】【類】|有->在【元】【天】【類】|狭->挟【元】【天】【類】

寛永版本

きのくにの[寛],
むろのえのへに,[寛]むろのうみへに,
ちとせに[寛],
さはることなく[寛],
よろづよに,[寛]よろつよに,
かくしもあらむと,[寛]かくしあらむと,
おほぶねの,[寛]おほふねの,
おもひたのみて[寛],
いでたちの,[寛]いてたちし,
きよきなぎさに,[寛]きよきなきさに,
あさなぎに,[寛]あさなきに,
きよるふかみる[寛],
ゆふなぎに,[寛]ゆふなきに,
きよるなはのり[寛],
ふかみるの[寛],
ふかめしこらを[寛],
なはのりの[寛],
ひけばたゆとや,[寛]ひけはたゆとや,
さとびとの,[寛]さとひとの,
ゆきのつどひに,[寛]ゆきしつとふに,
なくこなす[寛],
ゆきとりさぐり,[寛]ゆきとりさくり,
あづさゆみ,[寛]あつさゆみ,
ゆばらふりおこし,[寛]ゆすゑふりおこし,
しのぎはを,[寛]しのきはを,
ふたつたばさみ,[寛]ふたつたはさみ,
はなちけむ[寛],
ひとしくやしも[寛],
こふらくおもへば,[寛]こひしとおもへは,

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました