万葉集3301番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3301番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3301番について

歌番号

3301番

原文

神風之|伊勢<乃>海之|朝奈伎尓|来依深海松|暮奈藝尓|来因俣海松|深海松乃|深目師吾乎|俣海松乃|復去反|都麻等不言登可聞|思保世流君

訓読

神風の|伊勢の海の|朝なぎに|来寄る深海松|夕なぎに|来寄る俣海松|深海松の|深めし我れを|俣海松の|また行き帰り|妻と言はじとかも|思ほせる君

かな読み

かむかぜの|いせのうみの|あさなぎに|きよるふかみる|ゆふなぎに|きよるまたみる|ふかみるの|ふかめしわれを|またみるの|またゆきかへり|つまといはじとかも|おもほせるきみ

カタカナ読み

カムカゼノ|イセノウミノ|アサナギニ|キヨルフカミル|ユフナギニ|キヨルマタミル|フカミルノ|フカメシワレヲ|マタミルノ|マタユキカヘリ|ツマトイハジトカモ|オモホセルキミ

ローマ字読み|大文字

KAMUKAZENO|ISENOMINO|ASANAGINI|KIYORUFUKAMIRU|YUFUNAGINI|KIYORUMATAMIRU|FUKAMIRUNO|FUKAMESHIWAREO|MATAMIRUNO|MATAYUKIKAHERI|TSUMATOIHAJITOKAMO|OMOHOSERUKIMI

ローマ字読み|小文字

kamukazeno|isenomino|asanagini|kiyorufukamiru|yufunagini|kiyorumatamiru|fukamiruno|fukameshiwareo|matamiruno|matayukikaheri|tsumatoihajitokamo|omohoserukimi

左注|左註

右一首

事項|分類・ジャンル

相聞|地名|伊勢|三重県|枕詞|女歌|民謡|植物|怨恨

校異

之->乃【元】【天】【類】

寛永版本

かむかぜの,[寛]かみかせの,
いせのうみの[寛],
あさなぎに,[寛]あさなきに,
きよるふかみる[寛],
ゆふなぎに,[寛]ゆふなきに,
きよるまたみる[寛],
ふかみるの[寛],
ふかめしわれを[寛],
またみるの[寛],
またゆきかへり[寛],
つまといはじとかも,[寛]つまといはしとかも,
おもほせるきみ[寛],

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました