万葉集3325番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3325番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3325番について

歌番号

3325番

原文

角障經|石村山丹|白栲|懸有雲者|皇可聞

訓読

つのさはふ磐余の山に白栲にかかれる雲は大君にかも

かな読み

つのさはふ|いはれのやまに|しろたへに|かかれるくもは|おほきみにかも

カタカナ読み

ツノサハフ|イハレノヤマニ|シロタヘニ|カカレルクモハ|オホキミニカモ

ローマ字読み|大文字

TSUNOSAHAFU|IHARENOYAMANI|SHIROTAHENI|KAKARERUKUMOHA|OHOKIMINIKAMO

ローマ字読み|小文字

tsunosahafu|iharenoyamani|shirotaheni|kakarerukumoha|ohokiminikamo

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

挽歌|地名|桜井|奈良|枕詞|皇子挽歌

校異

特に無し

寛永版本

つのさはふ[寛],
いはれのやまに,[寛]いはむらやまに,
しろたへに,[寛]しろたへの,
かかれるくもは[寛],
おほきみにかも[寛],

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました