万葉集3321番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3321番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3321番について

歌番号

3321番

原文

左夜深而|今者明奴登|開戸手|木部行君乎|何時可将待

訓読

さ夜更けて今は明けぬと戸を開けて紀へ行く君をいつとか待たむ

かな読み

さよふけて|いまはあけぬと|とをあけて|きへゆくきみを|いつとかまたむ

カタカナ読み

サヨフケテ|イマハアケヌト|トヲアケテ|キヘユクキミヲ|イツトカマタム

ローマ字読み|大文字

SAYOFUKETE|IMAHAAKENUTO|TOAKETE|KIHEYUKUKIMIO|ITSUTOKAMATAMU

ローマ字読み|小文字

sayofukete|imahaakenuto|toakete|kiheyukukimio|itsutokamatamu

左注|左註

右五首

事項|分類・ジャンル

問答|女歌|地名|和歌山|送別|恋情

校異

特に無し

寛永版本

さよふけて[寛],
いまはあけぬと[寛],
とをあけて[寛],
きへゆくきみを[寛],
いつとかまたむ,[寛]いつしかまたむ,

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました