万葉集3323番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3323番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3323番について

歌番号

3323番

原文

師名立|都久麻左野方|息長之|遠智能小菅|不連尓|伊苅持来|不敷尓|伊苅持来而|置而|吾乎令偲|息長之|遠智能子菅

訓読

しなたつ|筑摩さのかた|息長の|越智の小菅|編まなくに|い刈り持ち来|敷かなくに|い刈り持ち来て|置きて|我れを偲はす|息長の|越智の小菅

かな読み

しなたつ|つくまさのかた|おきながの|をちのこすげ|あまなくに|いかりもちき|しかなくに|いかりもちきて|おきて|われをしのはす|おきながの|をちのこすげ

カタカナ読み

シナタツ|ツクマサノカタ|オキナガノ|ヲチノコスゲ|アマナクニ|イカリモチキ|シカナクニ|イカリモチキテ|オキテ|ワレヲシノハス|オキナガノ|ヲチノコスゲ

ローマ字読み|大文字

SHINATATSU|TSUKUMASANOKATA|OKINAGANO|OCHINOKOSUGE|AMANAKUNI|IKARIMOCHIKI|SHIKANAKUNI|IKARIMOCHIKITE|OKITE|WAREOSHINOHASU|OKINAGANO|OCHINOKOSUGE

ローマ字読み|小文字

shinatatsu|tsukumasanokata|okinagano|ochinokosuge|amanakuni|ikarimochiki|shikanakuni|ikarimochikite|okite|wareoshinohasu|okinagano|ochinokosuge

左注|左註

右一首

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|枕詞|地名|滋賀県|米原|女歌|民謡|歌垣

校異

歌【西】謌

寛永版本

しなたつ,[寛]しなたてる,
つくまさのかた,[寛]つくまさのかく,
おきながの,[寛]おきなかの,
をちのこすげ,[寛]とほちのこすけ,
あまなくに[寛],
いかりもちき[寛],
しかなくに[寛],
いかりもちきて[寛],
おきて[寛],
われをしのはす,[寛]われをしのはむ,
おきながの,[寛]おきなかの,
をちのこすげ,[寛]とほちのこすけ,

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました