万葉集3334番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3334番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3334番について

歌番号

3334番

原文

<狂>言哉|人之云鶴|玉緒乃|長登君者|言手師物乎

訓読

たはことか人の言ひつる玉の緒の長くと君は言ひてしものを

かな読み

たはことか|ひとのいひつる|たまのをの|ながくときみは|いひてしものを

カタカナ読み

タハコトカ|ヒトノイヒツル|タマノヲノ|ナガクトキミハ|イヒテシモノヲ

ローマ字読み|大文字

TAHAKOTOKA|HITONOIHITSURU|TAMANONO|NAGAKUTOKIMIHA|IHITESHIMONO

ローマ字読み|小文字

tahakotoka|hitonoihitsuru|tamanono|nagakutokimiha|ihiteshimono

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

挽歌|行旅死|女歌

校異

抂->狂【温】

寛永版本

たはことか,[寛]まかことや,
ひとのいひつる[寛],
たまのをの[寛],
ながくときみは,[寛]なかくときみは,
いひてしものを[寛],

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました