万葉集3229番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3229番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3229番について

歌番号

3229番

原文

五十串立|神酒座奉|神主部之|雲聚<玉>蔭|見者乏文

訓読

斎串立てみわ据ゑ奉る祝部がうずの玉かげ見ればともしも

かな読み

いぐしたて|みわすゑまつる|はふりへが|うずのたまかげ|みればともしも

カタカナ読み

イグシタテ|ミワスヱマツル|ハフリヘガ|ウズノタマカゲ|ミレバトモシモ

ローマ字読み|大文字

IGUSHITATE|MIWASUEMATSURU|HAFURIHEGA|UZUNOTAMAKAGE|MIREBATOMOSHIMO

ローマ字読み|小文字

igushitate|miwasuematsuru|hafurihega|uzunotamakage|mirebatomoshimo

左注|左註

右三首|但或書此短歌一首無有載之也

事項|分類・ジャンル

雑歌|婚礼|神祭り|寿歌|新婚

校異

王->玉【元】【天】【類】

寛永版本

いぐしたて,[寛]いくしたて,
みわすゑまつる[寛],
はふりへが,[寛]かみぬしの,
うずのたまかげ,[寛]うすのたまかけ,
みればともしも,[寛]みれはともしも,

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました