万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集の第5巻を一覧にまとめました。

万葉集の第5巻一覧

793世間は空しきものと知る時しいよよますます悲しかりけり
794大君の遠の朝廷としらぬひ筑紫の国に泣く子なす慕ひ来まして息だにもいまだ休めず年月もいまだあらねば心ゆも思はぬ間にうち靡き臥やしぬれ言はむすべ為むすべ知らに岩木をも問ひ放け知らず家ならば形はあらむを恨めしき妹の命の我れをばもいかにせよとかにほ鳥のふたり並び居語らひし心背きて家離りいます
795家に行きていかにか我がせむ枕付く妻屋寂しく思ほゆべしも
796はしきよしかくのみからに慕ひ来し妹が心のすべもすべなさ
797悔しかもかく知らませばあをによし国内ことごと見せましものを
798妹が見し楝の花は散りぬべし我が泣く涙いまだ干なくに
799大野山霧立ちわたる我が嘆くおきその風に霧立ちわたる
800父母を見れば貴し妻子見ればめぐし愛し世間はかくぞことわりもち鳥のかからはしもよゆくへ知らねば穿沓を脱き棄るごとく踏み脱きて行くちふ人は石木よりなり出し人か汝が名告らさね天へ行かば汝がまにまに地ならば大君いますこの照らす日月の下は天雲の向伏す極みたにぐくのさ渡る極み聞こし食す国のまほらぞかにかくに欲しきまにまにしかにはあらじか
801ひさかたの天道は遠しなほなほに家に帰りて業を為まさに
802瓜食めば子ども思ほゆ栗食めばまして偲はゆいづくより来りしものぞまなかひにもとなかかりて安寐し寝さぬ
803銀も金も玉も何せむにまされる宝子にしかめやも
804世間のすべなきものは年月は流るるごとしとり続き追ひ来るものは百種に迫め寄り来る娘子らが娘子さびすと唐玉を手本に巻かし白妙の袖振り交はし紅の赤裳裾引きよち子らと手携はりて遊びけむ時の盛りを留みかね過ぐしやりつれ蜷の腸か黒き髪にいつの間か霜の降りけむ紅の丹のほなす面の上にいづくゆか皺が来りし常なりし笑まひ眉引き咲く花の移ろひにけり世間はかくのみならしますらをの男さびすと剣太刀腰に取り佩きさつ弓を手握り持ちて赤駒に倭文鞍うち置き這ひ乗りて遊び歩きし世間や常にありける娘子らがさ寝す板戸を押し開きい辿り寄りて真玉手の玉手さし交へさ寝し夜のいくだもあらねば手束杖腰にたがねてか行けば人に厭はえかく行けば人に憎まえ老よし男はかくのみならしたまきはる命惜しけど為むすべもなし
805常磐なすかくしもがもと思へども世の事なれば留みかねつも
806龍の馬も今も得てしかあをによし奈良の都に行きて来むため
807うつつには逢ふよしもなしぬばたまの夜の夢にを継ぎて見えこそ
808龍の馬を我れは求めむあをによし奈良の都に来む人のたに
809直に逢はずあらくも多く敷栲の枕去らずて夢にし見えむ
810いかにあらむ日の時にかも声知らむ人の膝の上我が枕かむ
811言とはぬ木にはありともうるはしき君が手馴れの琴にしあるべし
812言とはぬ木にもありとも我が背子が手馴れの御琴地に置かめやも
813かけまくはあやに畏し足日女神の命韓国を向け平らげて御心を鎮めたまふとい取らして斎ひたまひし真玉なす二つの石を世の人に示したまひて万代に言ひ継ぐかねと海の底沖つ深江の海上の子負の原に御手づから置かしたまひて神ながら神さびいます奇し御魂今のをつづに貴きろかむ
814天地のともに久しく言ひ継げとこの奇し御魂敷かしけらしも
815正月立ち春の来らばかくしこそ梅を招きつつ楽しき終へめ大貳紀卿
816梅の花今咲けるごと散り過ぎず我が家の園にありこせぬかも少貳小野大夫
817梅の花咲きたる園の青柳は蘰にすべくなりにけらずや少貳粟田大夫
818春さればまづ咲くやどの梅の花独り見つつや春日暮らさむ筑前守山上大夫
819世の中は恋繁しゑやかくしあらば梅の花にもならましものを豊後守大伴大夫
820梅の花今盛りなり思ふどちかざしにしてな今盛りなり筑後守葛井大夫
821青柳梅との花を折りかざし飲みての後は散りぬともよし笠沙弥
822我が園に梅の花散るひさかたの天より雪の流れ来るかも主人
823梅の花散らくはいづくしかすがにこの城の山に雪は降りつつ大監伴氏百代
824梅の花散らまく惜しみ我が園の竹の林に鴬鳴くも小監阿氏奥嶋
825梅の花咲きたる園の青柳を蘰にしつつ遊び暮らさな小監土氏百村
826うち靡く春の柳と我がやどの梅の花とをいかにか分かむ大典史氏大原
827春されば木末隠りて鴬ぞ鳴きて去ぬなる梅が下枝に小典山氏若麻呂
828人ごとに折りかざしつつ遊べどもいやめづらしき梅の花かも大判事<丹>氏麻呂
829梅の花咲きて散りなば桜花継ぎて咲くべくなりにてあらずや藥師張氏福子
830万代に年は来経とも梅の花絶ゆることなく咲きわたるべし筑前介佐氏子首
831春なればうべも咲きたる梅の花君を思ふと夜寐も寝なくに壹岐守板氏安麻呂
832梅の花折りてかざせる諸人は今日の間は楽しくあるべし神司荒氏稲布
833年のはに春の来らばかくしこそ梅をかざして楽しく飲まめ大令史野氏宿奈麻呂
834梅の花今盛りなり百鳥の声の恋しき春来るらし小令史田氏肥人
835春さらば逢はむと思ひし梅の花今日の遊びに相見つるかも藥師高氏義通
836梅の花手折りかざして遊べども飽き足らぬ日は今日にしありけり陰陽師礒氏法麻呂
837春の野に鳴くや鴬なつけむと我が家の園に梅が花咲くt師志氏大道
838梅の花散り乱ひたる岡びには鴬鳴くも春かたまけて大隅目榎氏鉢麻呂
839春の野に霧立ちわたり降る雪と人の見るまで梅の花散る筑前目田氏真上
840春柳かづらに折りし梅の花誰れか浮かべし酒坏の上に壹岐目村氏彼方
841鴬の音聞くなへに梅の花我家の園に咲きて散る見ゆ對馬目高氏老
842我がやどの梅の下枝に遊びつつ鴬鳴くも散らまく惜しみ薩摩目高氏海人
843梅の花折りかざしつつ諸人の遊ぶを見れば都しぞ思ふ土師氏御<道>
844妹が家に雪かも降ると見るまでにここだもまがふ梅の花かも小野氏國堅
845鴬の待ちかてにせし梅が花散らずありこそ思ふ子がため筑前拯門氏石足
846霞立つ長き春日をかざせれどいやなつかしき梅の花かも小野氏淡理
847我が盛りいたくくたちぬ雲に飛ぶ薬食むともまた変若めやも
848雲に飛ぶ薬食むよは都見ばいやしき我が身また変若ぬべし
849残りたる雪に交れる梅の花早くな散りそ雪は消ぬとも
850雪の色を奪ひて咲ける梅の花今盛りなり見む人もがも
851我がやどに盛りに咲ける梅の花散るべくなりぬ見む人もがも
852梅の花夢に語らくみやびたる花と我れ思ふ酒に浮かべこそ一云いたづらに我れを散らすな酒に浮べこそ
853あさりする海人の子どもと人は言へど見るに知らえぬ貴人の子と
854玉島のこの川上に家はあれど君をやさしみあらはさずありき
855松浦川川の瀬光り鮎釣ると立たせる妹が裳の裾濡れぬ
856松浦なる玉島川に鮎釣ると立たせる子らが家道知らずも
857遠つ人松浦の川に若鮎釣る妹が手本を我れこそ卷かめ
858若鮎釣る松浦の川の川なみの並にし思はば我れ恋ひめやも
859春されば我家の里の川門には鮎子さ走る君待ちがてに
860松浦川七瀬の淀は淀むとも我れは淀まず君をし待たむ
861松浦川川の瀬早み紅の裳の裾濡れて鮎か釣るらむ
862人皆の見らむ松浦の玉島を見ずてや我れは恋ひつつ居らむ
863松浦川玉島の浦に若鮎釣る妹らを見らむ人の羨しさ
864後れ居て長恋せずは御園生の梅の花にもならましものを
865君を待つ松浦の浦の娘子らは常世の国の海人娘子かも
866はろはろに思ほゆるかも白雲の千重に隔てる筑紫の国は
867君が行き日長くなりぬ奈良道なる山斎の木立も神さびにけり
868松浦県佐用姫の子が領巾振りし山の名のみや聞きつつ居らむ
869足姫神の命の魚釣らすとみ立たしせりし石を誰れ見き一云鮎釣ると
870百日しも行かぬ松浦道今日行きて明日は来なむを何か障れる
871遠つ人松浦佐用姫夫恋ひに領巾振りしより負へる山の名
872山の名と言ひ継げとかも佐用姫がこの山の上に領巾を振りけむ
873万世に語り継げとしこの丘に領巾振りけらし松浦佐用姫
874海原の沖行く船を帰れとか領巾振らしけむ松浦佐用姫
875行く船を振り留みかねいかばかり恋しくありけむ松浦佐用姫
876天飛ぶや鳥にもがもや都まで送りまをして飛び帰るもの
877ひともねのうらぶれ居るに龍田山御馬近づかば忘らしなむか
878言ひつつも後こそ知らめとのしくも寂しけめやも君いまさずして
879万世にいましたまひて天の下奏したまはね朝廷去らずて
880天離る鄙に五年住まひつつ都のてぶり忘らえにけり
881かくのみや息づき居らむあらたまの来経行く年の限り知らずて
882我が主の御霊賜ひて春さらば奈良の都に召上げたまはね
883音に聞き目にはいまだ見ず佐用姫が領巾振りきとふ君松浦山
884国遠き道の長手をおほほしく今日や過ぎなむ言どひもなく
885朝露の消やすき我が身他国に過ぎかてぬかも親の目を欲り
886うちひさす宮へ上るとたらちしや母が手離れ常知らぬ国の奥処を百重山越えて過ぎ行きいつしかも都を見むと思ひつつ語らひ居れどおのが身し労はしければ玉桙の道の隈廻に草手折り柴取り敷きて床じものうち臥い伏して思ひつつ嘆き伏せらく国にあらば父とり見まし家にあらば母とり見まし世間はかくのみならし犬じもの道に伏してや命過ぎなむ一云我が世過ぎなむ
887たらちしの母が目見ずておほほしくいづち向きてか我が別るらむ
888常知らぬ道の長手をくれくれといかにか行かむ糧はなしに一云干飯はなしに
889家にありて母がとり見ば慰むる心はあらまし死なば死ぬとも一云後は死ぬとも
890出でて行きし日を数へつつ今日今日と我を待たすらむ父母らはも一云母が悲しさ
891一世にはふたたび見えぬ父母を置きてや長く我が別れなむ一云相別れなむ
892風交り雨降る夜の雨交り雪降る夜はすべもなく寒くしあれば堅塩をとりつづしろひ糟湯酒うちすすろひてしはぶかひ鼻びしびしにしかとあらぬひげ掻き撫でて我れをおきて人はあらじと誇ろへど寒くしあれば麻衾引き被り布肩衣ありのことごと着襲へども寒き夜すらを我れよりも貧しき人の父母は飢ゑ凍ゆらむ妻子どもは乞ふ乞ふ泣くらむこの時はいかにしつつか汝が世は渡る天地は広しといへど我がためは狭くやなりぬる日月は明しといへど我がためは照りやたまはぬ人皆か我のみやしかるわくらばに人とはあるを人並に我れも作るを綿もなき布肩衣の海松のごとわわけさがれるかかふのみ肩にうち掛け伏廬の曲廬の内に直土に藁解き敷きて父母は枕の方に妻子どもは足の方に囲み居て憂へさまよひかまどには火気吹き立てず甑には蜘蛛の巣かきて飯炊くことも忘れてぬえ鳥ののどよひ居るにいとのきて短き物を端切るといへるがごとくしもと取る里長が声は寝屋処まで来立ち呼ばひぬかくばかりすべなきものか世間の道
893世間を憂しとやさしと思へども飛び立ちかねつ鳥にしあらねば
894神代より言ひ伝て来らくそらみつ大和の国は皇神の厳しき国言霊の幸はふ国と語り継ぎ言ひ継がひけり今の世の人もことごと目の前に見たり知りたり人さはに満ちてはあれども高照らす日の朝廷神ながら愛での盛りに天の下奏したまひし家の子と選ひたまひて大御言反云大みこと戴き持ちてもろこしの遠き境に遣はされ罷りいませ海原の辺にも沖にも神づまり領きいますもろもろの大御神たち船舳に反云ふなのへに導きまをし天地の大御神たち大和の大国御魂ひさかたの天のみ空ゆ天翔り見わたしたまひ事終り帰らむ日にはまたさらに大御神たち船舳に御手うち掛けて墨縄を延へたるごとくあぢかをし値嘉の崎より大伴の御津の浜びに直泊てに御船は泊てむ障みなく幸くいまして早帰りませ
895大伴の御津の松原かき掃きて我れ立ち待たむ早帰りませ
896難波津に御船泊てぬと聞こえ来ば紐解き放けて立ち走りせむ
897たまきはるうちの限りは謂瞻州人<壽>一百二十年也平らけく安くもあらむを事もなく喪なくもあらむを世間の憂けく辛けくいとのきて痛き瘡には辛塩を注くちふがごとくますますも重き馬荷に表荷打つといふことのごと老いにてある我が身の上に病をと加へてあれば昼はも嘆かひ暮らし夜はも息づき明かし年長く病みしわたれば月重ね憂へさまよひことことは死ななと思へど五月蝿なす騒く子どもを打棄てては死には知らず見つつあれば心は燃えぬかにかくに思ひ煩ひ音のみし泣かゆ
898慰むる心はなしに雲隠り鳴き行く鳥の音のみし泣かゆ
899すべもなく苦しくあれば出で走り去ななと思へどこらに障りぬ
900富人の家の子どもの着る身なみ腐し捨つらむ絹綿らはも
901荒栲の布衣をだに着せかてにかくや嘆かむ為むすべをなみ
902水沫なすもろき命も栲縄の千尋にもがと願ひ暮らしつ
903しつたまき数にもあらぬ身にはあれど千年にもがと思ほゆるかも去る神龜二年之を作る。但し類を以ての故に更に茲に載す
904世間の貴び願ふ七種の宝も我れは何せむに我が中の生れ出でたる白玉の我が子古日は明星の明くる朝は敷栲の床の辺去らず立てれども居れどもともに戯れ夕星の夕になればいざ寝よと手を携はり父母もうへはなさがりさきくさの中にを寝むと愛しくしが語らへばいつしかも人と成り出でて悪しけくも吉けくも見むと大船の思ひ頼むに思はぬに邪しま風のにふふかに覆ひ来れば為むすべのたどきを知らに白栲のたすきを掛けまそ鏡手に取り持ちて天つ神仰ぎ祈ひ祷み国つ神伏して額つきかからずもかかりも神のまにまにと立ちあざり我れ祈ひ祷めどしましくも吉けくはなしにやくやくにかたちつくほり朝な朝な言ふことやみたまきはる命絶えぬれ立ち躍り足すり叫び伏し仰ぎ胸打ち嘆き手に持てる我が子飛ばしつ世間の道
905若ければ道行き知らじ賄はせむ黄泉の使負ひて通らせ
906布施置きて我れは祈ひ祷むあざむかず直に率行きて天道知らしめ
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集887番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集887番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集887番について歌番号887番原文多良知子能|波々何目美受提|意保々斯久|伊豆知武伎提可|阿我和可留良武訓読たらちしの母が目見ずておほほしくいづち向きてか我が別...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集903番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集903番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集903番について歌番号903番原文倭手纒|數母不在|身尓波在等|千年尓母等|意母保由留加母|訓読しつたまき数にもあらぬ身にはあれど千年にもがと思ほゆるかも|かな...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集888番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集888番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集888番について歌番号888番原文都祢斯良農|道乃長手袁|久礼々々等|伊可尓可由迦牟|可利弖波奈斯尓|訓読常知らぬ道の長手をくれくれといかにか行かむ糧はなしに|...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集904番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集904番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集904番について歌番号904番原文世人之|貴慕|七種之|寶毛我波|何為|和我中能|産礼出有|白玉之|吾子古日者|明星之|開朝者|敷多倍乃|登許能邊佐良受|立礼杼...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集889番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集889番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集889番について歌番号889番原文家尓阿利弖|波々何刀利美婆|奈具佐牟流|許々呂波阿良麻志|斯奈婆斯農等母|訓読家にありて母がとり見ば慰むる心はあらまし死なば死...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集905番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集905番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集905番について歌番号905番原文和可家礼婆|道行之良士|末比波世武|之多敝乃使|於比弖登保良世訓読若ければ道行き知らじ賄はせむ黄泉の使負ひて通らせかな読みわか...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集890番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集890番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集890番について歌番号890番原文出弖由伎斯|日乎可俗閇都々|家布々々等|阿袁麻多周良武|知々波々良波母|訓読出でて行きし日を数へつつ今日今日と我を待たすらむ父...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集906番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集906番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集906番について歌番号906番原文布施於吉弖|吾波許比能武|阿射無加受|多太尓率去弖|阿麻治思良之米訓読布施置きて我れは祈ひ祷むあざむかず直に率行きて天道知らし...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集891番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集891番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集891番について歌番号891番原文一世尓波|二遍美延農|知々波々袁|意伎弖夜奈何久|阿我和加礼南|訓読一世にはふたたび見えぬ父母を置きてや長く我が別れなむ|かな...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集892番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集892番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集892番について歌番号892番原文風雜|雨布流欲乃|雨雜|雪布流欲波|為部母奈久|寒之安礼婆|堅塩乎|取都豆之呂比|糟湯酒|宇知須々呂比弖|之夫可比|鼻i之i之...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集893番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集893番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集893番について歌番号893番原文世間乎|宇之等夜佐之等|於母倍杼母|飛立可祢都|鳥尓之安良祢婆訓読世間を憂しとやさしと思へども飛び立ちかねつ鳥にしあらねばかな...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集894番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集894番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集894番について歌番号894番原文神代欲理|云傳久良久|虚見通|倭國者|皇神能|伊都久志吉國|言霊能|佐吉播布國等|加多利継|伊比都賀比計理|今世能|人母許等期...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集879番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集879番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集879番について歌番号879番原文余呂豆余尓|伊麻志多麻比提|阿米能志多|麻乎志多麻波祢|美加佐良受弖訓読万世にいましたまひて天の下奏したまはね朝廷去らずてかな...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集895番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集895番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集895番について歌番号895番原文大伴|御津松原|可吉掃弖|和礼立待|速歸坐勢訓読大伴の御津の松原かき掃きて我れ立ち待たむ早帰りませかな読みおほともの|みつのま...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集880番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集880番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集880番について歌番号880番原文阿麻社迦留|比奈尓伊都等世|周麻比都々|美夜故能提夫利|和周良延尓家利訓読天離る鄙に五年住まひつつ都のてぶり忘らえにけりかな読...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集896番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集896番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集896番について歌番号896番原文難波津尓|美船泊農等|吉許延許婆|紐解佐氣弖|多知婆志利勢武訓読難波津に御船泊てぬと聞こえ来ば紐解き放けて立ち走りせむかな読み...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集881番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集881番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集881番について歌番号881番原文加久能夜|伊吉豆伎遠良牟|阿良多麻能|吉倍由久等志乃|可伎利斯良受提訓読かくのみや息づき居らむあらたまの来経行く年の限り知らず...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集897番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集897番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集897番について歌番号897番原文霊剋|内限者||平氣久|安久母阿良牟遠|事母無|裳無母阿良牟遠|世間能|宇計久都良計久|伊等能伎提|痛伎瘡尓波|塩遠|潅知布何...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集882番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集882番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集882番について歌番号882番原文阿我農斯能|美多麻々々比弖|波流佐良婆|奈良能美夜故尓|咩佐宜多麻波祢訓読我が主の御霊賜ひて春さらば奈良の都に召上げたまはねか...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集898番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集898番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集898番について歌番号898番原文奈具佐牟留|心波奈之尓|雲隠|鳴徃鳥乃|祢能尾志奈可由訓読慰むる心はなしに雲隠り鳴き行く鳥の音のみし泣かゆかな読みなぐさむる|...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集883番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集883番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集883番について歌番号883番原文於登尓吉|目尓波伊麻太見受|佐容比賣我|必礼布理伎等敷|吉民萬通良楊満訓読音に聞き目にはいまだ見ず佐用姫が領巾振りきとふ君松浦...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集899番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集899番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集899番について歌番号899番原文周弊母奈久|苦志久阿礼婆|出波之利|伊奈々等思騰|許良尓夜利奴訓読すべもなく苦しくあれば出で走り去ななと思へどこらに障りぬかな...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集884番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集884番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集884番について歌番号884番原文國遠伎|路乃長手遠|意保々斯久|計布夜須疑南|己等騰比母奈久訓読国遠き道の長手をおほほしく今日や過ぎなむ言どひもなくかな読みく...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集900番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集900番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集900番について歌番号900番原文富人能|家能子等能|伎留身奈美|久多志須都良牟|絁綿良波母訓読富人の家の子どもの着る身なみ腐し捨つらむ絹綿らはもかな読みとみひ...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集885番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集885番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集885番について歌番号885番原文朝露乃|既夜須伎我身|比等國尓|須疑加弖奴可母|意夜能目遠保利訓読朝露の消やすき我が身他国に過ぎかてぬかも親の目を欲りかな読み...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集901番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集901番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集901番について歌番号901番原文麁妙能|布衣遠陀尓|伎世難尓|可久夜歎敢|世牟周弊遠奈美訓読荒栲の布衣をだに着せかてにかくや嘆かむ為むすべをなみかな読みあらた...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集886番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集886番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集886番について歌番号886番原文宇知比佐受|宮弊能保留等|多羅知斯夜|波々何手波奈例|常斯良奴|國乃意久迦袁|百重山|越弖須由伎|伊都斯可母|京師乎美武等|意...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集902番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集902番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集902番について歌番号902番原文水沫奈須|微命母|栲縄能|千尋尓母何等|慕久良志都訓読水沫なすもろき命も栲縄の千尋にもがと願ひ暮らしつかな読みみなわなす|もろ...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集855番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集855番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集855番について歌番号855番原文麻都良河波|可波能世比可利|阿由都流等|多々勢流伊毛|毛能須蘇奴例奴訓読松浦川川の瀬光り鮎釣ると立たせる妹が裳の裾濡れぬかな読...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集871番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集871番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集871番について歌番号871番原文得保都必等|麻通良佐用比米|都麻胡非尓|比例布利之用利|於返流夜麻能奈訓読遠つ人松浦佐用姫夫恋ひに領巾振りしより負へる山の名か...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集856番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集856番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集856番について歌番号856番原文麻都良奈流|多麻之麻河波尓|阿由都流等|多々世流古良何|伊弊遅斯良受毛訓読松浦なる玉島川に鮎釣ると立たせる子らが家道知らずもか...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集872番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集872番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集872番について歌番号872番原文夜麻能奈等|伊賓都夏等可母|佐用比賣何|許能野麻能閇仁|必例遠布利家訓読山の名と言ひ継げとかも佐用姫がこの山の上に領巾を振りけ...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集857番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集857番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集857番について歌番号857番原文等富都比等|末都良能加波尓|和可由都流|伊毛我多毛等乎|和礼許曽末加米訓読遠つ人松浦の川に若鮎釣る妹が手本を我れこそ卷かめかな...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集873番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集873番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集873番について歌番号873番原文余呂豆余尓|可多利都夏等之|許能多氣仁|比例布利家良之|麻通羅佐用嬪面訓読万世に語り継げとしこの丘に領巾振りけらし松浦佐用姫か...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集858番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集858番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集858番について歌番号858番原文和可由都流|麻都良能可波能|可波奈美能|奈美邇之母波婆|和礼故飛米夜母訓読若鮎釣る松浦の川の川なみの並にし思はば我れ恋ひめやも...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集874番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集874番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集874番について歌番号874番原文宇奈波良能|意吉由久布祢遠|可弊礼等加|比礼布良斯家武|麻都良佐欲比賣訓読海原の沖行く船を帰れとか領巾振らしけむ松浦佐用姫かな...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集859番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集859番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集859番について歌番号859番原文波流佐礼婆|和伎覇能佐刀能|加波度尓波|阿由故佐婆斯留|吉美麻知我弖尓訓読春されば我家の里の川門には鮎子さ走る君待ちがてにかな...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集875番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集875番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集875番について歌番号875番原文由久布祢遠|布利等騰尾加祢|伊加婆加利|故保斯阿利家武|麻都良佐欲比賣訓読行く船を振り留みかねいかばかり恋しくありけむ松浦佐用...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集860番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集860番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集860番について歌番号860番原文麻都良我波|奈々勢能與騰波|与等武等毛|和礼波与騰麻受|吉美遠志麻多武訓読松浦川七瀬の淀は淀むとも我れは淀まず君をし待たむかな...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集876番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集876番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集876番について歌番号876番原文阿麻等夫夜|等利尓母賀母夜|美夜故提|意久利摩遠志弖|等比可弊流母能訓読天飛ぶや鳥にもがもや都まで送りまをして飛び帰るものかな...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集861番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集861番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集861番について歌番号861番原文麻都良河波|波能世波夜美|久礼奈為能|母能須蘇奴例弖|阿由可都流良訓読松浦川川の瀬早み紅の裳の裾濡れて鮎か釣るらむかな読みまつ...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集877番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集877番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集877番について歌番号877番原文比等母祢能|宇良夫禮遠留尓|多都多夜麻|美麻知可豆加婆|和周良志奈牟迦訓読ひともねのうらぶれ居るに龍田山御馬近づかば忘らしなむ...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集862番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集862番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集862番について歌番号862番原文比等未奈能|美良武麻都良能|多麻志末乎|美受弖夜和礼波|故飛都々遠良武訓読人皆の見らむ松浦の玉島を見ずてや我れは恋ひつつ居らむ...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集878番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集878番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集878番について歌番号878番原文伊比都々母|能知許曽斯良米|等乃斯久母|佐夫志計米夜母|吉美伊麻佐受斯弖訓読言ひつつも後こそ知らめとのしくも寂しけめやも君いま...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集863番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集863番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集863番について歌番号863番原文麻都良河波|多麻斯麻能有良尓|和可由都流|伊毛良遠美良牟|比等能等母斯佐訓読松浦川玉島の浦に若鮎釣る妹らを見らむ人の羨しさかな...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集864番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集864番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集864番について歌番号864番原文於久礼為天|那我古飛世殊波|弥曽能不乃|于梅能波奈尓|奈良麻之母能乎訓読後れ居て長恋せずは御園生の梅の花にもならましものをかな...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集865番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集865番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集865番について歌番号865番原文伎弥乎麻都|々々良乃于良能|越等賣良波|等己与能久尓能|阿麻越等賣可訓読君を待つ松浦の浦の娘子らは常世の国の海人娘子かもかな読...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集866番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集866番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集866番について歌番号866番原文波漏々々尓|於忘方由流可母|志良久毛能|弊仁邊多天留|都久紫能君仁波訓読はろはろに思ほゆるかも白雲の千重に隔てる筑紫の国はかな...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集867番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集867番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集867番について歌番号867番原文枳美可由伎|氣那久奈理奴|奈良遅那留|志満乃己太知母|可牟佐飛仁家訓読君が行き日長くなりぬ奈良道なる山斎の木立も神さびにけりか...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集852番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集852番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集852番について歌番号852番原文烏梅能波奈|伊米尓加多良久|美也備多流|波奈等阿例母布|左氣尓于可倍許曽|訓読梅の花夢に語らくみやびたる花と我れ思ふ酒に浮かべ...
タイトルとURLをコピーしました