万葉集803番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集803番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集803番について

歌番号

803番

原文

銀母|金母玉母|奈尓世武尓|麻佐礼留多可良|古尓斯迦米夜母

訓読

銀も金も玉も何せむにまされる宝子にしかめやも

かな読み

しろかねも|くがねもたまも|なにせむに|まされるたから|こにしかめやも

カタカナ読み

シロカネモ|クガネモタマモ|ナニセムニ|マサレルタカラ|コニシカメヤモ

ローマ字読み|大文字

SHIROKANEMO|KUGANEMOTAMAMO|NANISEMUNI|MASARERUTAKARA|KONISHIKAMEYAMO

ローマ字読み|小文字

shirokanemo|kuganemotamamo|nanisemuni|masarerutakara|konishikameyamo

左注|左註

神龜五年七月廿一日於嘉摩郡撰定|筑前國守山上憶良

事項|分類・ジャンル

愛子|仏教|福岡|子供|神亀5年7月21日年紀|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

しろかねも[寛],
くがねもたまも,[寛]くかねもたまも,
なにせむに[寛],
まされるたから[寛],
こにしかめやも[寛],

巻数

第5巻

作者

山上憶良

タイトルとURLをコピーしました