万葉集796番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集796番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集796番について

歌番号

796番

原文

伴之伎与之|加久乃未可良尓|之多比己之|伊毛我己許呂乃|須別毛須別那左

訓読

はしきよしかくのみからに慕ひ来し妹が心のすべもすべなさ

かな読み

はしきよし|かくのみからに|したひこし|いもがこころの|すべもすべなさ

カタカナ読み

ハシキヨシ|カクノミカラニ|シタヒコシ|イモガココロノ|スベモスベナサ

ローマ字読み|大文字

HASHIKIYOSHI|KAKUNOMIKARANI|SHITAHIKOSHI|IMOGAKOKORONO|SUBEMOSUBENASA

ローマ字読み|小文字

hashikiyoshi|kakunomikarani|shitahikoshi|imogakokorono|subemosubenasa

左注|左註

神龜五年七月廿一日|筑前國守山上憶良上

事項|分類・ジャンル

大伴旅人|仏教|無常|哀悼|亡妻|太宰府|福岡|地名|神亀5年7月21日年紀

校異

特に無し

寛永版本

はしきよし[寛],
かくのみからに[寛],
したひこし[寛],
いもがこころの,[寛]いもかこころの,
すべもすべなさ,[寛]すへもすへなさ,

巻数

第5巻

作者

山上憶良

タイトルとURLをコピーしました