万葉集868番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集868番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集868番について

歌番号

868番

原文

麻都良我多|佐欲比賣能故何|比列布利斯|夜麻能名乃<尾>夜|伎々都々遠良武

訓読

松浦県佐用姫の子が領巾振りし山の名のみや聞きつつ居らむ

かな読み

まつらがた|さよひめのこが|ひれふりし|やまのなのみや|ききつつをらむ

カタカナ読み

マツラガタ|サヨヒメノコガ|ヒレフリシ|ヤマノナノミヤ|キキツツヲラム

ローマ字読み|大文字

MATSURAGATA|SAYOHIMENOKOGA|HIREFURISHI|YAMANONANOMIYA|KIKITSUTSUORAMU

ローマ字読み|小文字

matsuragata|sayohimenokoga|hirefurishi|yamanonanomiya|kikitsutsuoramu

左注|左註

天平二年七月十一日|筑前國司山上憶良謹上

事項|分類・ジャンル

大伴旅人|太宰府|松浦佐用姫|天平2年7月11日年紀|地名

校異

鄙歌【西】鄙謌【西(左別筆訂正)】鄙歌|歌曰【西】謌曰|列【紀】【細】例【類】礼|美->尾【類】【紀】【細】

寛永版本

まつらがた,[寛]まつらかた,
さよひめのこが,[寛]さよひめのこか,
ひれふりし[寛],
やまのなのみや[寛],
ききつつをらむ[寛],

巻数

第5巻

作者

山上憶良

タイトルとURLをコピーしました