万葉集824番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集824番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集824番について

歌番号

824番

原文

烏梅乃波奈|知良麻久怨之美|和我曽乃々|多氣乃波也之尓|<于>具比須奈久母[小監阿氏奥嶋]

訓読

梅の花散らまく惜しみ我が園の竹の林に鴬鳴くも[小監阿氏奥嶋]

かな読み

うめのはな|ちらまくをしみ|わがそのの|たけのはやしに|うぐひすなくも

カタカナ読み

ウメノハナ|チラマクヲシミ|ワガソノノ|タケノハヤシニ|ウグヒスナクモ

ローマ字読み|大文字

UMENOHANA|CHIRAMAKUOSHIMI|WAGASONONO|TAKENOHAYASHINI|UGUHISUNAKUMO

ローマ字読み|小文字

umenohana|chiramakuoshimi|wagasonono|takenohayashini|uguhisunakumo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

梅花宴|阿刀|阿曇|奥嶋|太宰府|福岡|天平2年1月13日年紀|宴席|地名|植物

校異

宇->于【類】【紀】【温】

寛永版本

うめのはな[寛],
ちらまくをしみ[寛],
わがそのの,[寛]わかそのの,
たけのはやしに[寛],
うぐひすなくも,[寛]うくひすなくも,

巻数

第5巻

作者

安倍

タイトルとURLをコピーしました