万葉集795番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集795番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集795番について

歌番号

795番

原文

伊弊尓由伎弖|伊可尓可阿我世武|摩久良豆久|都摩夜左夫斯久|於母保由倍斯母

訓読

家に行きていかにか我がせむ枕付く妻屋寂しく思ほゆべしも

かな読み

いへにゆきて|いかにかあがせむ|まくらづく|つまやさぶしく|おもほゆべしも

カタカナ読み

イヘニユキテ|イカニカアガセム|マクラヅク|ツマヤサブシク|オモホユベシモ

ローマ字読み|大文字

IHENIYUKITE|IKANIKAAGASEMU|MAKURAZUKU|TSUMAYASABUSHIKU|OMOHOYUBESHIMO

ローマ字読み|小文字

iheniyukite|ikanikaagasemu|makurazuku|tsumayasabushiku|omohoyubeshimo

左注|左註

神龜五年七月廿一日|筑前國守山上憶良上

事項|分類・ジャンル

大伴旅人|仏教|無常|哀悼|亡妻|太宰府|福岡|地名|神亀5年7月21日年紀

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

いへにゆきて[寛],
いかにかあがせむ,[寛]いかにかあかせむ,
まくらづく,[寛]まくらつく,
つまやさぶしく,[寛]つまやさふしく,
おもほゆべしも,[寛]おもほゆへしも,

巻数

第5巻

作者

山上憶良

タイトルとURLをコピーしました