万葉集820番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集820番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集820番について

歌番号

820番

原文

烏梅能波奈|伊麻佐可利奈理|意母布度知|加射之尓斯弖奈|伊麻佐可利奈理[筑後守葛井大夫]

訓読

梅の花今盛りなり思ふどちかざしにしてな今盛りなり[筑後守葛井大夫]

かな読み

うめのはな|いまさかりなり|おもふどち|かざしにしてな|いまさかりなり

カタカナ読み

ウメノハナ|イマサカリナリ|オモフドチ|カザシニシテナ|イマサカリナリ

ローマ字読み|大文字

UMENOHANA|IMASAKARINARI|OMOFUDOCHI|KAZASHINISHITENA|IMASAKARINARI

ローマ字読み|小文字

umenohana|imasakarinari|omofudochi|kazashinishitena|imasakarinari

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

梅花宴|古歌謡|太宰府|福岡|天平2年1月13日年紀|宴席|地名|植物

校異

特に無し

寛永版本

うめのはな[寛],
いまさかりなり[寛],
おもふどち,[寛]おもふとち,
かざしにしてな,[寛]かさしにしてな,
いまさかりなり[寛],

巻数

第5巻

作者

葛井大成

タイトルとURLをコピーしました