万葉集898番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集898番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集898番について

歌番号

898番

原文

奈具佐牟留|心波奈之尓|雲隠|鳴徃鳥乃|祢能尾志奈可由

訓読

慰むる心はなしに雲隠り鳴き行く鳥の音のみし泣かゆ

かな読み

なぐさむる|こころはなしに|くもがくり|なきゆくとりの|ねのみしなかゆ

カタカナ読み

ナグサムル|ココロハナシニ|クモガクリ|ナキユクトリノ|ネノミシナカユ

ローマ字読み|大文字

NAGUSAMURU|KOKOROHANASHINI|KUMOGAKURI|NAKIYUKUTORINO|NENOMISHINAKAYU

ローマ字読み|小文字

nagusamuru|kokorohanashini|kumogakuri|nakiyukutorino|nenomishinakayu

左注|左註

天平五年六月丙申朔三日戊戌作

事項|分類・ジャンル

仏教|儒教|老|嘆翮|子供|天平5年6月3日年紀

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

なぐさむる,[寛]なくさむる,
こころはなしに[寛],
くもがくり,[寛]くもかくれ,
なきゆくとりの[寛],
ねのみしなかゆ[寛],

巻数

第5巻

作者

山上憶良

タイトルとURLをコピーしました