万葉集851番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集851番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集851番について

歌番号

851番

原文

和我夜度尓|左加里尓散家留|宇梅能波奈|知流倍久奈里奴|美牟必登聞我母

訓読

我がやどに盛りに咲ける梅の花散るべくなりぬ見む人もがも

かな読み

わがやどに|さかりにさける|うめのはな|ちるべくなりぬ|みむひともがも

カタカナ読み

ワガヤドニ|サカリニサケル|ウメノハナ|チルベクナリヌ|ミムヒトモガモ

ローマ字読み|大文字

WAGAYADONI|SAKARINISAKERU|UMENOHANA|CHIRUBEKUNARINU|MIMUHITOMOGAMO

ローマ字読み|小文字

wagayadoni|sakarinisakeru|umenohana|chirubekunarinu|mimuhitomogamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

梅花宴|追和|大伴旅人|太宰府|福岡|植物

校異

特に無し

寛永版本

わがやどに,[寛]わかやとに,
さかりにさける,[寛]さかりにさける,
うめのはな[寛],
ちるべくなりぬ,[寛]ちるへくなりぬ,
みむひともがも,[寛]みむひともかも,

巻数

第5巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました