万葉集870番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集870番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集870番について

歌番号

870番

原文

毛々可斯母|由加奴麻都良遅|家布由伎弖|阿須波吉奈武遠|奈尓可佐夜礼留

訓読

百日しも行かぬ松浦道今日行きて明日は来なむを何か障れる

かな読み

ももがしも|ゆかぬまつらぢ|けふゆきて|あすはきなむを|なにかさやれる

カタカナ読み

モモガシモ|ユカヌマツラヂ|ケフユキテ|アスハキナムヲ|ナニカサヤレル

ローマ字読み|大文字

MOMOGASHIMO|YUKANUMATSURAJI|KEFUYUKITE|ASUHAKINAMUO|NANIKASAYARERU

ローマ字読み|小文字

momogashimo|yukanumatsuraji|kefuyukite|asuhakinamuo|nanikasayareru

左注|左註

天平二年七月十一日|筑前國司山上憶良謹上

事項|分類・ジャンル

大伴旅人|太宰府|松浦佐用姫|天平2年7月11日年紀|地名

校異

特に無し

寛永版本

ももがしも,[寛]ももかしも,
ゆかぬまつらぢ,[寛]ゆかぬまつらち,
けふゆきて[寛],
あすはきなむを[寛],
なにかさやれる[寛],

巻数

第5巻

作者

山上憶良

タイトルとURLをコピーしました