万葉集857番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集857番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集857番について

歌番号

857番

原文

等富都比等|末都良能加波尓|和可由都流|伊毛我多毛等乎|和礼許曽末加米

訓読

遠つ人松浦の川に若鮎釣る妹が手本を我れこそ卷かめ

かな読み

とほつひと|まつらのかはに|わかゆつる|いもがたもとを|われこそまかめ

カタカナ読み

トホツヒト|マツラノカハニ|ワカユツル|イモガタモトヲ|ワレコソマカメ

ローマ字読み|大文字

TOHOTSUHITO|MATSURANOKAHANI|WAKAYUTSURU|IMOGATAMOTO|WAREKOSOMAKAME

ローマ字読み|小文字

tohotsuhito|matsuranokahani|wakayutsuru|imogatamoto|warekosomakame

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

玉島川|巡行|創作|神功皇后|恋愛|求婚|野遊び|地名

校異

特に無し

寛永版本

とほつひと[寛],
まつらのかはに[寛],
わかゆつる[寛],
いもがたもとを,[寛]いもかたもとを,
われこそまかめ[寛],

巻数

第5巻

作者

大伴旅人

タイトルとURLをコピーしました