万葉集877番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集877番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集877番について

歌番号

877番

原文

比等母祢能|宇良夫禮遠留尓|多都多夜麻|美麻知可豆加婆|和周良志奈牟迦

訓読

ひともねのうらぶれ居るに龍田山御馬近づかば忘らしなむか

かな読み

ひともねの|うらぶれをるに|たつたやま|みまちかづかば|わすらしなむか

カタカナ読み

ヒトモネノ|ウラブレヲルニ|タツタヤマ|ミマチカヅカバ|ワスラシナムカ

ローマ字読み|大文字

HITOMONENO|URABUREORUNI|TATSUTAYAMA|MIMACHIKAZUKABA|WASURASHINAMUKA

ローマ字読み|小文字

hitomoneno|urabureoruni|tatsutayama|mimachikazukaba|wasurashinamuka

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

山上憶良|大伴旅人|太宰府|福岡|餞別|帰京|宴席|地名

校異

特に無し

寛永版本

ひともねの[寛],
うらぶれをるに,[寛]うらふれをるに,
たつたやま,[寛]たつたつやま,
みまちかづかば,[寛]みまちかつかは,
わすらしなむか,[寛]わすられなむか,

巻数

第5巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました