万葉集862番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集862番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集862番について

歌番号

862番

原文

比等未奈能|美良武麻都良能|多麻志末乎|美受弖夜和礼波|故飛都々遠良武

訓読

人皆の見らむ松浦の玉島を見ずてや我れは恋ひつつ居らむ

かな読み

ひとみなの|みらむまつらの|たましまを|みずてやわれは|こひつつをらむ

カタカナ読み

ヒトミナノ|ミラムマツラノ|タマシマヲ|ミズテヤワレハ|コヒツツヲラム

ローマ字読み|大文字

HITOMINANO|MIRAMUMATSURANO|TAMASHIMAO|MIZUTEYAWAREHA|KOHITSUTSUORAMU

ローマ字読み|小文字

hitominano|miramumatsurano|tamashimao|mizuteyawareha|kohitsutsuoramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

玉島川|創作|追和|求婚|野遊び|地名

校異

特に無し

寛永版本

ひとみなの[寛],
みらむまつらの[寛],
たましまを[寛],
みずてやわれは,[寛]みすてやわれは,
こひつつをらむ[寛],

巻数

第5巻

作者

大伴旅人

タイトルとURLをコピーしました