万葉集872番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集872番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集872番について

歌番号

872番

原文

夜麻能奈等|伊賓都夏等可母|佐用比賣何|許能野麻能閇仁|必例遠布利家<牟>

訓読

山の名と言ひ継げとかも佐用姫がこの山の上に領巾を振りけむ

かな読み

やまのなと|いひつげとかも|さよひめが|このやまのへに|ひれをふりけむ

カタカナ読み

ヤマノナト|イヒツゲトカモ|サヨヒメガ|コノヤマノヘニ|ヒレヲフリケム

ローマ字読み|大文字

YAMANONATO|IHITSUGETOKAMO|SAYOHIMEGA|KONOYAMANOHENI|HIREOFURIKEMU

ローマ字読み|小文字

yamanonato|ihitsugetokamo|sayohimega|konoyamanoheni|hireofurikemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

山上憶良|鏡山|唐津|大伴佐提比古|松浦佐用姫|領布振伝説|地名

校異

何【類】【紀】【細】(塙)河|無->牟【類】【紀】【細】

寛永版本

やまのなと[寛],
いひつげとかも,[寛]いひつけとかも,
さよひめが,[寛]さよひめか,
このやまのへに[寛],
ひれをふりけむ[寛],

巻数

第5巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました