万葉集816番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集816番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集816番について

歌番号

816番

原文

烏梅能波奈|伊麻佐家留期等|知利須義受|和我覇能曽能尓|阿利己世奴加毛[少貳小野大夫]

訓読

梅の花今咲けるごと散り過ぎず我が家の園にありこせぬかも[少貳小野大夫]

かな読み

うめのはな|いまさけるごと|ちりすぎず|わがへのそのに|ありこせぬかも

カタカナ読み

ウメノハナ|イマサケルゴト|チリスギズ|ワガヘノソノニ|アリコセヌカモ

ローマ字読み|大文字

UMENOHANA|IMASAKERUGOTO|CHIRISUGIZU|WAGAHENOSONONI|ARIKOSENUKAMO

ローマ字読み|小文字

umenohana|imasakerugoto|chirisugizu|wagahenosononi|arikosenukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

梅花宴|太宰府|福岡|天平2年1月13日年紀|宴席|地名|植物

校異

特に無し

寛永版本

うめのはな[寛],
いまさけるごと,[寛]いまさけること,
ちりすぎず,[寛]ちりすきす,
わがへのそのに,[寛]わかへのそのに,
ありこせぬかも[寛],

巻数

第5巻

作者

小野老

タイトルとURLをコピーしました