万葉集878番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集878番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集878番について

歌番号

878番

原文

伊比都々母|能知許曽斯良米|等乃斯久母|佐夫志計米夜母|吉美伊麻佐受斯弖

訓読

言ひつつも後こそ知らめとのしくも寂しけめやも君いまさずして

かな読み

いひつつも|のちこそしらめ|とのしくも|さぶしけめやも|きみいまさずして

カタカナ読み

イヒツツモ|ノチコソシラメ|トノシクモ|サブシケメヤモ|キミイマサズシテ

ローマ字読み|大文字

IHITSUTSUMO|NOCHIKOSOSHIRAME|TONOSHIKUMO|SABUSHIKEMEYAMO|KIMIIMASAZUSHITE

ローマ字読み|小文字

ihitsutsumo|nochikososhirame|tonoshikumo|sabushikemeyamo|kimiimasazushite

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

山上憶良|大伴旅人|太宰府|福岡|餞別|帰京|宴席|地名

校異

特に無し

寛永版本

いひつつも[寛],
のちこそしらめ[寛],
とのしくも[寛],
さぶしけめやも,[寛]さふしけめやも,
きみいまさずして,[寛]きみいまさすして,

巻数

第5巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました