万葉集854番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集854番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集854番について

歌番号

854番

原文

多麻之末能|許能可波加美尓|伊返波阿礼騰|吉美乎夜佐之美|阿良波佐受阿利吉

訓読

玉島のこの川上に家はあれど君をやさしみあらはさずありき

かな読み

たましまの|このかはかみに|いへはあれど|きみをやさしみ|あらはさずありき

カタカナ読み

タマシマノ|コノカハカミニ|イヘハアレド|キミヲヤサシミ|アラハサズアリキ

ローマ字読み|大文字

TAMASHIMANO|KONOKAHAKAMINI|IHEHAAREDO|KIMIOYASASHIMI|ARAHASAZUARIKI

ローマ字読み|小文字

tamashimano|konokahakamini|ihehaaredo|kimioyasashimi|arahasazuariki

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

玉島川|巡行|創作|神功皇后|求婚|野遊び|地名

校異

特に無し

寛永版本

たましまの[寛],
このかはかみに[寛],
いへはあれど,[寛]いへはあれと,
きみをやさしみ[寛],
あらはさずありき,[寛]あらはさすありき,

巻数

第5巻

作者

大伴旅人

タイトルとURLをコピーしました