万葉集821番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集821番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集821番について

歌番号

821番

原文

阿乎夜奈義|烏梅等能波奈乎|遠理可射之|能弥弖能々知波|知利奴得母與斯[笠沙弥]

訓読

青柳梅との花を折りかざし飲みての後は散りぬともよし[笠沙弥]

かな読み

あをやなぎ|うめとのはなを|をりかざし|のみてののちは|ちりぬともよし

カタカナ読み

アヲヤナギ|ウメトノハナヲ|ヲリカザシ|ノミテノノチハ|チリヌトモヨシ

ローマ字読み|大文字

AOYANAGI|UMETONOHANAO|ORIKAZASHI|NOMITENONOCHIHA|CHIRINUTOMOYOSHI

ローマ字読み|小文字

aoyanagi|umetonohanao|orikazashi|nomitenonochiha|chirinutomoyoshi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

梅花宴|太宰府|福岡|天平2年1月13日年紀|宴席|地名|植物

校異

特に無し

寛永版本

あをやなぎ,[寛]あをやなき,
うめとのはなを[寛],
をりかざし,[寛]をりかさし,
のみてののちは[寛],
ちりぬともよし[寛],

巻数

第5巻

作者

沙弥満誓

タイトルとURLをコピーしました