万葉集802番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集802番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集802番について

歌番号

802番

原文

宇利<波><米婆>|胡藤母意母保由|久利波米婆|麻斯提斯農波由|伊豆久欲利|枳多利斯物能曽|麻奈迦比尓|母等奈可可利提|夜周伊斯奈佐農

訓読

瓜食めば|子ども思ほゆ|栗食めば|まして偲はゆ|いづくより|来りしものぞ|まなかひに|もとなかかりて|安寐し寝さぬ

かな読み

うりはめば|こどもおもほゆ|くりはめば|ましてしぬはゆ|いづくより|きたりしものぞ|まなかひに|もとなかかりて|やすいしなさぬ

カタカナ読み

ウリハメバ|コドモオモホユ|クリハメバ|マシテシヌハユ|イヅクヨリ|キタリシモノゾ|マナカヒニ|モトナカカリテ|ヤスイシナサヌ

ローマ字読み|大文字

URIHAMEBA|KODOMOMOHOYU|KURIHAMEBA|MASHITESHINUHAYU|IZUKUYORI|KITARISHIMONOZO|MANAKAHINI|MOTONAKAKARITE|YASUISHINASANU

ローマ字読み|小文字

urihameba|kodomomohoyu|kurihameba|mashiteshinuhayu|izukuyori|kitarishimonozo|manakahini|motonakakarite|yasuishinasanu

左注|左註

神龜五年七月廿一日於嘉摩郡撰定|筑前國守山上憶良

事項|分類・ジャンル

愛子|仏教|福岡|子供|植物|神亀5年7月21日年紀|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|婆->波【紀】【細】【温】|->米婆【西(右書)】【紀】【細】

寛永版本

うりはめば,[寛]うりはめは,
こどもおもほゆ,[寛]こともおもほゆ,
くりはめば,[寛]くりはめは,
ましてしぬはゆ,[寛]ましてしのはゆ,
いづくより,[寛]いつくより,
きたりしものぞ,[寛]きたりしものそ,
まなかひに[寛],
もとなかかりて[寛],
やすいしなさぬ[寛],

巻数

第5巻

作者

山上憶良

タイトルとURLをコピーしました