万葉集884番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集884番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集884番について

歌番号

884番

原文

國遠伎|路乃長手遠|意保々斯久|計布夜須疑南|己等騰比母奈久

訓読

国遠き道の長手をおほほしく今日や過ぎなむ言どひもなく

かな読み

くにとほき|みちのながてを|おほほしく|けふやすぎなむ|ことどひもなく

カタカナ読み

クニトホキ|ミチノナガテヲ|オホホシク|ケフヤスギナム|コトドヒモナク

ローマ字読み|大文字

KUNITOHOKI|MICHINONAGATEO|OHOHOSHIKU|KEFUYASUGINAMU|KOTODOHIMONAKU

ローマ字読み|小文字

kunitohoki|michinonagateo|ohohoshiku|kefuyasuginamu|kotodohimonaku

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

大伴熊凝|追悼|哀悼|行路死人

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

くにとほき[寛],
みちのながてを,[寛]みちのなかてを,
おほほしく[寛],
けふやすぎなむ,[寛]こふやすきなむ,
ことどひもなく,[寛]こととひもなく,

巻数

第5巻

作者

麻田陽春

タイトルとURLをコピーしました