万葉集899番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集899番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集899番について

歌番号

899番

原文

周弊母奈久|苦志久阿礼婆|出波之利|伊奈々等思騰|許良尓<佐>夜利奴

訓読

すべもなく苦しくあれば出で走り去ななと思へどこらに障りぬ

かな読み

すべもなく|くるしくあれば|いではしり|いななとおもへど|こらにさやりぬ

カタカナ読み

スベモナク|クルシクアレバ|イデハシリ|イナナトオモヘド|コラニサヤリヌ

ローマ字読み|大文字

SUBEMONAKU|KURUSHIKUAREBA|IDEHASHIRI|INANATOMOHEDO|KORANISAYARINU

ローマ字読み|小文字

subemonaku|kurushikuareba|idehashiri|inanatomohedo|koranisayarinu

左注|左註

天平五年六月丙申朔三日戊戌作

事項|分類・ジャンル

仏教|儒教|老|嘆翮|子供|天平5年6月3日年紀

校異

作->佐【類】【紀】【古】【細】

寛永版本

すべもなく,[寛]すへもなく,
くるしくあれば,[寛]くるしくあれは,
いではしり,[寛]いててはしり,
いななとおもへど,[寛]いななとおもへと,
こらにさやりぬ[寛],

巻数

第5巻

作者

山上憶良

タイトルとURLをコピーしました