万葉集846番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集846番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集846番について

歌番号

846番

原文

可須美多都|那我岐波流卑乎|可謝勢例杼|伊野那都可子岐|烏梅能波那可毛[小野氏淡理]

訓読

霞立つ長き春日をかざせれどいやなつかしき梅の花かも[小野氏淡理]

かな読み

かすみたつ|ながきはるひを|かざせれど|いやなつかしき|うめのはなかも

カタカナ読み

カスミタツ|ナガキハルヒヲ|カザセレド|イヤナツカシキ|ウメノハナカモ

ローマ字読み|大文字

KASUMITATSU|NAGAKIHARUHIO|KAZASEREDO|IYANATSUKASHIKI|UMENOHANAKAMO

ローマ字読み|小文字

kasumitatsu|nagakiharuhio|kazaseredo|iyanatsukashiki|umenohanakamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

梅花宴|太宰府|福岡|天平2年1月13日年紀|宴席|地名|植物

校異

波那【類】【矢】【京】波奈

寛永版本

かすみたつ[寛],
ながきはるひを,[寛]なかきはるひを,
かざせれど,[寛]かさせれと,
いやなつかしき[寛],
うめのはなかも[寛],

巻数

第5巻

作者

小野田守

タイトルとURLをコピーしました