万葉集896番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集896番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集896番について

歌番号

896番

原文

難波津尓|美船泊農等|吉許延許婆|紐解佐氣弖|多知婆志利勢武

訓読

難波津に御船泊てぬと聞こえ来ば紐解き放けて立ち走りせむ

かな読み

なにはつに|みふねはてぬと|きこえこば|ひもときさけて|たちばしりせむ

カタカナ読み

ナニハツニ|ミフネハテヌト|キコエコバ|ヒモトキサケテ|タチバシリセム

ローマ字読み|大文字

NANIHATSUNI|MIFUNEHATENUTO|KIKOEKOBA|HIMOTOKISAKETE|TACHIBASHIRISEMU

ローマ字読み|小文字

nanihatsuni|mifunehatenuto|kikoekoba|himotokisakete|tachibashirisemu

左注|左註

天平五年三月一日良宅對面獻三日|山上憶良謹上|大唐大使卿記室

事項|分類・ジャンル

多治比広成|遣唐使|餞別|羈旅|天平5年3月1日年紀

校異

波【類】【紀】【細】破

寛永版本

なにはつに[寛],
みふねはてぬと[寛],
きこえこば,[寛]きこえこは,
ひもときさけて[寛],
たちばしりせむ,[寛]たちはしりせむ,

巻数

第5巻

作者

山上憶良

タイトルとURLをコピーしました