万葉集856番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集856番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集856番について

歌番号

856番

原文

麻都良奈流|多麻之麻河波尓|阿由都流等|多々世流古良何|伊弊遅斯良受毛

訓読

松浦なる玉島川に鮎釣ると立たせる子らが家道知らずも

かな読み

まつらなる|たましまがはに|あゆつると|たたせるこらが|いへぢしらずも

カタカナ読み

マツラナル|タマシマガハニ|アユツルト|タタセルコラガ|イヘヂシラズモ

ローマ字読み|大文字

MATSURANARU|TAMASHIMAGAHANI|AYUTSURUTO|TATASERUKORAGA|IHEJISHIRAZUMO

ローマ字読み|小文字

matsuranaru|tamashimagahani|ayutsuruto|tataserukoraga|ihejishirazumo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

玉島川|巡行|創作|神功皇后|求婚|野遊び|地名

校異

特に無し

寛永版本

まつらなる[寛],
たましまがはに,[寛]たましまかはに,
あゆつると[寛],
たたせるこらが,[寛]たたせるこらか,
いへぢしらずも,[寛]いへちしらすも,

巻数

第5巻

作者

大伴旅人

タイトルとURLをコピーしました